高効率エンジンにより、
輸送コストの低減に貢献。

軽量・コンパクトでありながら、高効率を実現するエンジン。環境性能と積載性・燃費の高効率化を実現し、輸送コスト低減に大きく貢献します。

GVW8トンクラスから20トンクラスで「平成27年度重量車燃費基準+10%」を達成する燃費性能。

経済性と環境性に優れたエコストップ

信号待ちなどの車両停止時に、エンジンが自動停止し、発進時の再始 動も自動化。無駄な燃料消費の抑制と排出ガス削減に貢献します。 なお、エコストップ中は空調ユニットに内蔵された蓄冷エバポレータが エアコンの送風空気を冷却し吹き出し温度の上昇を抑制します。

省燃費運転を実現するECONO(エコノ)モード

加速中の過剰な回転数上昇を自動でカットして、不要な馬力の発生を 抑制。また、燃料噴射量を自動制御して過剰な加速を抑え、省燃費な 運行に貢献します。

NOxを低減する電子制御クールドEGR

排出ガスの一部を吸入空気と混合させて、NOxを低減。2連式EGR クーラーを搭載し、より高いEGR効果を実現しま

低回転域からターボ効果を発揮するVGSターボ (可変容量型ターボチャージャー)

タービン入口面積の可変システムを採用し、低回転域から高効率な ターボ効果を実現。低速トルクや加速性の向上、低燃費などに効果を 発揮します。

坂道・積載発進時に頼もしいSTART ASSIST

坂道での発進や積載時の発進時に、駆動力(エンジンアイドル回転数) を向上。トルクフルでスムースな発進を補助する「START ASSIST」 を標準設定しました。

電子制御式コモンレールシステム

超高圧の燃料噴射と、圧力、時期、量を最適に制御する先進システム。 燃費の向上や排出ガスのクリーン化に貢献します。

全回転域で高効率な効果を発揮する2ステージターボ

高圧・低圧2種類のターボを最適に制御し、全回転域で高効率な効果 を発揮。燃焼効率を損なうことなく高EGR化を実現し、NOxを低減。 低回転域での応答性も高めています。

PMとNOxを低減するDPD+尿素SCR

DPD部でPMを捕集・焼却し、尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素 に分解。2つの先進の後処理技術で、排出ガスの大幅なクリーン化を 実現します。

(DPD:Diesel Particulate Defuser SCR:Selective Catalytic Reduction)

*尿素水の残量は残量計で確認できますが、5段階表示となりますのでご注意ください。(残量がゼロになるとエンジン始動制限がかかります。詳細は取扱説明書をご覧ください) *寒冷地での凍結(凍結開始温度-11℃)にご注意ください。(凍結防止のため、キーOFF後、モーターで尿素水を吸い上げています) *AdBlue®はドイツ自動車工業(VDA)の登録商標です。