UDトラックスが初のオンライン入社式を開催

Press Release | April 08, 2020

UDトラックスは4月1日(水)、初めての試みとしてオンラインによる入社式を行い、200名を超える新入社員を迎えました。新型コロナウィルス感染症の拡大防止と新入社員の健康と安全を確保するため、全国16か所に会場を用意し、各会場の参加者を20名に制限した上で、本社会場とオンラインでつなぎ、入社式を実施しました
 
昨今、新型コロナウィルスの感染拡大防止を目的とし、大規模イベントの中止や在 宅勤務の推奨など企業には新たな対応が求められています。当社もこれまで、上尾 本社にて入社式を開催してまいりましたが、こうした社会的要請に鑑み、オンライ ンで入社式を実施致しました。
2020年度の新入社員数は、過去最多レベルとなり、その多くが整備士として入 社しました。これはサービスの現場において人手不足が深刻化するなか、お客様の 車両の稼働を確実にするためのものです。

入社式で挨拶に立ったUDトラックス会長のヨアキム・ローゼンバーグは「私たち は今、新型コロナウイルスという未曾有の危機に直面しています。物流は社会の血 流と言われております。その社会の血流を支えているお客様のニーズに応え続ける ためにも、UDトラックスは人材に投資し、成長機会を提供し続けていきます」と 述べました。

続いて、UDトラックス社長の酒巻 孝光は、社会人として成長するためには、変化 を受け入れ、失敗を恐れない精神が大事だと強調した上で、「社内外で多くの人と 触れ合い、ネットワークを築き、新たなUDトラックスの歴史を築いて欲しい」と 祝辞を送りました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のためにオンラインで実施した入社式でしたが、 ウェブ会議システムなどのツールを活用することで、対面で行うのとそん色のない 活気ある入社式となりました。

従業員を含む全てのステークホルダーの健康と安全を確保するため、UDトラックスは、通常対面で実施する新人研修も16か所の会場を活用し、オンラインで実施 します。 
UDトラックスは、感染予防・拡大抑止と従業員、ステークホルダーおよび地域社 会の安全を最優先として、引き続き迅速に対応方針を決定し、必要な施策を講じて まいります。また、当社は、社内に向けてSkype、SharePoint,Teams,その他ウ ェブ会議・チャットツール等といった在宅勤務に必要なコミュニケーションツール を積極的に展開し、全ての従業員にとり働きやすい職場づくりを推進しておりま す。
________________________________________________________________________________
当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp 
________________________________________________________________________________
【UDトラックスについて】
UDトラックスは世界60カ国以上で先進的な輸送ソリューションを提供する日本 の商用車メーカーです。1935年の創業以来、「時代が求めるトラックとサービ スを提供する」というビジョンを掲げ、革新的な技術の開発で業界をけん引してき ました。より高い満足を求めるお客様のため、私たちは信頼性の高いソリューショ ンにより、スマートロジスティクスの実現に向けて取り組んでいます。大型トラッ ク「クオン(Quon)」「クエスター(Quester)」から中型トラック「コンドル (Condor)」「クローナー(Croner)」、小型トラック「カゼット(Kazet)」「クーザ ー(Kuzer)」までのフルラインアップ、そしてカスタマーサービスと販売金融に より、世界各国の様々なお客様のニーズに対応しています。 UDトラックスは全世界に10万人の従業員を有するボルボ・グループの一員で す。 
https://www.udtrucks.com/japan