ボルボ・グループといすゞ、戦略的提携に関する基本契約を締結

Press release | October 30, 2020

ボルボ・グループ(本社:スウェーデン・イエテボリ、プレジデント兼CEO:マーティン・ルンドステッド)といすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下、「いすゞ」)は本日、2019年12月に締結した覚書に基づいて、100年に一度と言われる変革期にビジネス機会を獲得するため、商用車分野での戦略的提携に関する基本契約を正式に締結しました。本契約に伴い、いすゞは、ボルボ・グループ傘下のUDトラックスの事業を取得価値(企業価値)2430億円(約200億スウェーデン・クローネ)で買収します。なお、本買収は関係当局の認可・承認などが条件となります。

ボルボ・グループといすゞは提携を通して、強固な関係を長期にわたって構築していきます。提携の主な取り組みは以下の通りです。

■両社は技術的な協力体制を構築します。既存技術および次世代技術における強みを相互に補完し、またスケールメリットを生かして、世界水準の技術を開発するための投資余力を高めます。
 - いすゞとUDトラックスは、ボルボ・グループの技術も活用し、日本およびアジア市場向け大型トラックのプラットフォームを共同開発します。
 - 自動運転、コネクティビティ、中・大型電動トラックなどの次世代技術の開発で協業します。

■UDトラックス事業をボルボ・グループからいすゞへ譲渡し、国内外におけるUDトラックスといすゞの大型トラック事業をさらに強化していきます。またスケールメリットと相互補完により、成長を加速し、相乗効果を生み出します。
 - 取り組みの第一弾として、2022年以降に、UDトラックスからいすゞに一部車型を提供することを協議しています。
 - UDトラックスの譲渡後の事業継続を円滑に進めるため、ボルボ・グループはUDトラックスに移管に必要なサービスと部品を提供します。

■事業展開地域や商品ラインアップにおける協業の機会を模索し、都市型物流が抱える将来の課題を解決していきます。いすゞは3.5トンから15トンの中・小型トラック分野において、2019年の販売は25万2000台と世界有数のリーダーとなっています。

■調達・物流における協業、技術の共通化、事業展開地域での相互補完やスケールメリットを模索します。

ボルボ・グループといすゞは、ボルボ・グループの社長兼CEO、いすゞ自動車の社長、および、両社の主要経営陣で構成されるアライアンス・ボードを設立します。同ボードは、日本およびスウェーデンに関連事務所を構えます。

ボルボ・グループといすゞは、それぞれが強みとする商品や展開地域において補完関係にあるため、提携によって両社は大きなビジネス機会を得ます。両社は物流業界が抱える将来の課題を解決し、社会とお客様への価値を最大化するため、最低20年を期間とする枠組みに調印しました。

ボルボ・グループといすゞは、ボルボ・グループのプレジデント兼CEO、いすゞの社長、および、両社の役員で構成するアライアンス・ボードを設立します。同ボードは、日本およびスウェーデンの両国に設置します。

ボルボ・グループのマーティン・ルンドステット プレジデント兼CEOは、「本提携はボルボ・グループならびにいすゞ自動車の市場やセグメントにおける競争力をさらに高めると大いに期待しています。特に、年々高まるテクノロジーへの投資需要を相互に負担することで、お互いの成長を加速します。UDトラックスは、ボルボ・グループといすゞの提携における中枢的な存在として、また両社の橋渡し役になると期待しています。またいすゞとの協働を通じ、UDトラックスが新たな成長段階に移行できると確信しています。UDトラックスの従業員が、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大という未曾有の事態にも関わらず、顧客サービスに尽力し、業績改善に努めてきたことを誇りに思います。ボルボ・グループは、引き続きUDトラックスを支援し、本提携を通してアジア市場にコミットします」と述べ、戦略的提携に高い期待を表しました。

いすゞ自動車の片山正則代表取締役社長は「いすゞとボルボ・グループは、昨年12月の戦略的提携に関する覚書締結後、新型コロナウイルス影響による困難な状況においても具体的な協業内容についての協議を進め、多くの合意を果たし、両社の信頼関係は強固なものになりました。この長期的なパートナーシップが、商品・技術・地域での協力のもと、世界の物流業界の進化に貢献し、未来に向けて、お客様と共に新たな価値を創造していくことを確信しています。またUDトラックスをいすゞグループに迎えることで、UDトラックスが本アライアンスを推進する上での重要な役割を果たし、協業を効率的かつスピーディーに進め、成果を早期に実現出来ることを期待しています」と抱負を語りました。

いすゞは、UDトラックスの事業取得価格(企業価値)を2430億円(約200億スウェーデン・クローネ)とし、譲渡完了時にボルボ・グループに対して支払いを行います。また本買収では、UDトラックスが2021~23年度決算において所定の業績を達成した場合、いすゞはボルボ・グループに対し最大150億円(約12億スウェーデン・クローネ)を取得金額に上乗せして支払うこと(アーンアウト条項)としています。UDトラックスの過去12カ月の決算(2019年7月~20年6月期)における売上高は2780億円(約230億スウェーデン・クローネ)で、UDトラックスの業績がボルボ・グループの同期決算に与える影響は軽微でした。なお、譲渡完了時において、ボルボ・グループの営業損益は20億スウェーデン・クローネ程度、また、純キャッシュフローは200億スウェーデン・クローネ程度増加すると見込んでいます。なお、本買収は関係当局の認可・承認などが条件となります。


本リリースに関するお問い合わせ
Claes Eliasson, Volvo Group Media Relations, +46 31 323 72 29
UDトラックス 広報部 栗橋 恵都子 070-3194-0313

For more information, please visit volvogroup.com/press
The Volvo Group drives prosperity through transport solutions, offering trucks, buses, construction equipment, power solutions for marine and industrial applications, financing and services that increase our customers’ uptime and productivity. Founded in 1927, the Volvo Group is committed to shaping the future landscape of sustainable transport and infrastructure solutions. The Volvo Group is headquartered in Gothenburg, Sweden, employs approximately 100.000 people and serves customers in more than 190 markets. In 2019, net sales amounted to about SEK 432 billion (EUR 40.5 billion). Volvo shares are listed on Nasdaq Stockholm.