「人とくるまのテクノロジー展2022オンライン」出展概要

Press release | May 25, 2022

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:丸山浩二)は、5月25日(水)~31日(火)にかけ神奈川県のパシフィコ横浜とオンラインでハイブリッド開催される「人とくるまのテクノロジー展2022 ONLINE STAGE1 」にオンラインで出展します。

公益社団法人・自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展」は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展として1992年に始まりました。現在では国内でも有数の出展規模を誇るイベントへと成長し、多くの人々の支持を得ています。本年度は「新たな脱炭素技術が照らすカーボンニュートラルへの道」を展示テーマとし、日本の電源構成を出発点に再生可能エネルギー技術に着目した展示を構成しています。

UDトラックスは、持続可能な輸送ソリューションを通じて人や地球によりよい暮らし「Better Life」を提供することをパーパスとして、物流業界、環境、社会のサステナビリティを高める取り組みを促進しており、「人とクルマのテクノロジー展2022 ONLINE STAGE 」では、とりわけ緊急性の高い環境課題と物流業異界が抱える課題に関する当社の取り組みとソリューションをご紹介します。

当社のオンライン展示はこちらのリンクからご覧ください。 *事前登録が必要です。

出展概要
①UDアクティブステアリング
「UDアクティブステアリング」は、従来の油圧式ステアリングギアの上部に新たに搭載した、電気モーターによる支援機能です。電気モーターに付随する電子制御ユニット(ECU)が、1秒間に約2000回の頻度で様々なセンサーから運転環境を感知して走行方向とドライバーの意図を判断し、あらゆる走行条件下において、ドライバーの運転操作をアクティブにサポートします。後退・右左折・旋回などの低速走行時には取り回しが軽く、速度が上がるにつれてステアリングの安定感が増していきます。また積み荷や路面状況、横風などにも左右されない安定したステアリングを実現し、疲労軽減と安全に寄与します。「UDアクティブステアリング」の詳細についてはこちらよりご覧ください。

② Fujin & Raijinビジョン2030
UDトラックスは、スマートロジスティクス実現へ向け、次世代技術ロードマップ「Fujin & Raijin(風神雷神)―― ビジョン2030」を2018年に策定しました。ロードマップは社会や物流業界が直面する課題の解決に貢献するため、次世代技術の要である自動化と電動化分野に主眼を置き、大型トラックの特定用途での自動運転や電動駆動における様々なソリューションを提供するための取り組みを示しています。 Fujin & Raijinビジョン2030の詳細についてはこちらよりご覧ください。

 

②-1自動運転技術
自動運転は生産性、安全性、燃料・燃費効率において物流企業と社会に直接的に貢献でき、物流業界に大きな変化をもたらします。UDトラックスは現在、工場の構内や港湾などの一定区域での安全な自動運転技術を開発しています。2018年12月、大型トラックによるレベル4の自動運転デモンストレーションを公開、また2019年8月には国内初の一部公道を使用した大型トラックによるレベル4技術の自動運転実証実験を北海道で実施しました。本デモ及び実証実験は、5段階の自動運転レベルにおけるレベル4(特定条件下における完全自動運転)走行で、港湾内、工場構内、物流施設、建設現場などの限定領域を想定して実施されました。こうした領域では、大型トラックが自動運転走行することで、効率、安全性、生産性を高めることが期待されています。また高速道路における自動運転技術に関しては、車間通信や車線維持支援システムなどの必要な技術において、安全性や精度をさらに高める開発を実施しています。自動運転技術の詳細についてはこちらよりご覧ください。

②-2電動化技術
エネルギー効率や積載量、航続距離、静粛性を最大限に確保したゼロエミッション大型トラックの実現に向けた技術開発に取り組んでおり、バッテリーをはじめとする各種要素技術の進化が著しい大型電動トラックの量産に向けた取り組みを進めております。また、大型トラックのカーボンニュートラル化、脱炭素化に向けて様々な道筋を備えるために、再生可能エネルギーを使って製造されるカーボンニュートラル燃料や水素などの普及に備え、内燃機関を活用したソリューションについても引き続き検討を進めてまいります。電動化技術の詳細についてはこちらよりご覧ください。

③世界でつながるトラック:コネクティビティ技術
UDトラックスは2006年から開始した同技術により、国内および一部海外で走行する約5万台のUD車両がつながっており、2025年までには15万台にまで増やすことを目指しています。お客様の運行状況から収集したデータを解析することで、お客様の車両の稼働率向上、運行管理、品質や技術革新に貢献します。コネクティビティ技術の詳細についてはこちらよりご覧ください。

④「クエスター」EURO5モデル
UDトラックスは2021年9月、世界的な課題である大気汚染と環境問題に対応するため、欧州連合(EU)が定めるEU圏内統一排出ガス規制「ユーロ5」に準拠した大型トラック「Quester(クエスター)」を海外の主要市場で発売しました。 新型「クエスター」は環境保護と燃費性能を大幅に向上したSCR技術を実用化するとともに、リアルタイムの「燃費コーチ」機能を加えた新たなインストルメントパネルを採用しています。また、電子制御式トランスミッション「ESCOT」や空荷重量の軽量化や駆動系の最適化で、旧モデルの「クエスター」と比較して最大10%燃費向上しています。クエスターの詳細についてはこちらよりご覧ください。

⑤12段電子制御式オートマチックトランスミッション「エスコット・シックス」
電子制御式トランスミッションESCOTシリーズは、大型トラックの走行の負担軽減を目指して開発されています。シフトチェンジのストレスから解消され、ドライバーは路上から注意をそらすことなく、安全性を優先できるようになっています。 ESCOT-Ⅵは、新機能フォアトラックを採用し、GPSを用いて前方の道路状況を先読みする機能を追加することで、道路の勾配に応じて、車速、エンジン回転数、補助ブレーキなどを自動制御しています。ESCOT-VIの詳細についてはこちらよりご覧ください。

⑥フラッグシップ大型トラック「クオン」
クラス最高レベルの燃費・環境性能と力強さを両立したドライブライン、先進的な安全装備、集中できるインテリア、存在感のあるエクステリアなど、細部にわたり“人を想い”、時代の“先を駆ける”トラックです。クオンの詳細についてはこちらよりご覧ください。

⑦確実で優れた制動力を発揮するディスクブレーキ
放熱性と耐フェード性に優れたディスクブレーキは、積載時の長い下り坂の走行や、水の侵入など悪条件下でも安定した制動力を発揮。ブレーキペダルの動きに素早く滑らかに応答し、積荷の荷崩れ防止にも効果的です。ディスクブレーキの詳細についてはこちらよりご覧ください。

⑧燃費・環境性能を高めた最新エンジン「GH11」、「GH8」
「GH11」エンジン - ユニットインジェクターとコモンレールシステム、双方の特長を活かした新燃料噴射システムや燃焼室形状変更などにより、平成28年排出ガス規制に適合するとともに、全車重量車燃費基準+5%を達成。低回転域から幅広い回転域で力強いトルクを発生させゆとりある走りを実現します。GH11エンジンの詳細についてはこちらよりご覧ください。

「GH8」エンジン - ダウンサイジングにより軽量・コンパクト、さらにシンプルな構造で高い信頼性を維持しながら、力強いトルクを全域で発生。軽量高積載とパワフルな走りを両立します。 平成28年排出ガス規制適合、車重量車燃費基準+5%を達成。GH8エンジンの詳細についてはこちらよりご覧ください。

UDトラックスは人と地球により良い生活を提供することを目的とした「Better Life(ベターライフ)」をパーパスとして採用しており、物流業界に携わる企業の社会的責任として、ステークホルダーの皆さまと共に物流業界及び社会の課題に寄り添ったソリューションを提供します。

「Better Life(ベターライフ)」では、「Better for Logistics(より良い物流)」「Better for the Planet(より良い地球環境)」「Better for People(より良い社会)」「Better for Business(より良いビジネス)」の実現に邁進しています。 皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要
日時: 2022年5月25日(水)~5月31日(火)
会場: オンライン
入場料: 無料(事前登録制) 登録は こちら
イベントウェブサイト:https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/online/

当ニュースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp

【UDトラックスについて】

UDトラックスは世界60カ国以上で先進的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車メーカーです。1935年の創業以来、「時世が求めるトラックとサービスを提供する」というビジョンを掲げ、

革新的な技術の開発で業界をけん引してきました。より高い満足を求めるお客様のため、私たちは信頼性の高いソリューションにより、スマートロジスティクスの実現に向けて取り組んでいます。大型トラック「クオン(Quon)」「クエスター(Quester)」から中型トラック「コンドル(Condor)」「クローナー(Croner)」、小型トラック「カゼット(Kazet)」「クーザー(Kuzer)」までのフルラインアップ、そしてカスタマーサービスと販売金融により、世界各国の様々なお客様のニーズに対応しています。

UDトラックスはいすゞ自動車株式会社のグループ企業です。