高い燃費性能を発揮するドライブライン

Quonのドライブラインでは、クリーンでありながら馬力、トルクをさらに向上させた「GH11エンジン」を搭載しています。先進技術を集結させたドライブラインが、高い燃費性能と、スムーズでストレスの少ない快適な走りをもたらします。


UD Trucks GH11 Common Rail

省燃費・パワフル・クリーンを実現する「GH11エンジン」

ユニットインジェクターとコモンレールシステム、双方の特長を活かした新燃料噴射システムや燃焼室形状変更などにより、平成28年排出ガス規制に適合。低回転域から幅広い回転域で力強いトルクを発生させ、ゆとりある走りを実現します。

尿素SCRシステム「FLENDS」

UDトラックスが世界で初めて大型トラックに搭載した尿素SCRシステム「FLENDS」。性能を高めた燃料噴射システムと、UDPCの性能およびSCR触媒浄化性能の2つを向上させた尿素SCR触媒の後処理システムを組み合わせることにより、平成28年度排出ガス規制に適合しつつ、燃費の改善も実現しています。

UD Trucks New Quon Snow Plow Cold Test

確かな信頼性と耐久性

寒冷地の雪道など厳しい走行条件において、稼働率を高く維持していくためには、車両の高い信頼性と耐久性が重要です。Quonは車両全体の品質を向上させ、さらに厳しい環境における試験もクリアしています。確かな信頼性と耐久性で、お客様のビジネスをサポートします。


高い信頼性と耐久性のシャーシ

キャブに防錆鋼板や樹脂部品を採用し、シャーシでは、カチオン塗装や樹脂化などを行って防錆性能を確保しています。AdBlue®タンクには樹脂製を採用し、またフレームには耐塩水性の塗料を採用するなど、徹底的に防錆性能を高め、長寿命化を促進させて、降雪地での優れた防錆性も実現しています。
*アドブルー(AdBlue)はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。


寒冷地での厳しい試験

寒冷地で想定されうる最も過酷な条件を想定し、各種試験を行っています。一発始動の確認実験をはじめ、凍結路面での走行安定性も検証。これらの厳しい試験により、Quonの信頼性と耐久性を磨き上げています。


高い稼働率を生むメンテナンス性能

ビジネスにおいて極めて重要なことは、車両の稼働率を高めることです。
そのためには、最適なタイミングで、正しいメンテナンスを実施することが重要です。
Quonは優れたメンテナンス性を追求するとともに、純正部品のロングインターバル化も実現し、ライフサイクルコストの低減に大きく貢献します。


ロングインターバル化

ディファレンシャルギアオイルに、耐熱性が高く劣化しにくい、高品質な化学合成油を新たに採用。ロングインターバル化を実現し、稼働率をサポートしています。

日常点検を容易にするキャブ

フロントリッドには、日常点検に必要な機器を集中的に配置し、日常点検時の効率を高めました。広い作業スペースを確保でき、通常は確認しにくいエンジンルームの奥まで容易にアクセスできます。