2018.01.17

「UD Gemba Spirit(UD現場スピリット)」ストーリーを順次公開~第一弾は横浜カスタマーセンターから~

UDトラックスは、「UD Gemba Spirit(UD現場スピリット、以下「現場スピリット」)」キャンペーンの一環として、現場を重視・尊重し、現場に熱意をささげる従業員の活躍ぶりを伝える映像をシリーズで公開します。UDトラックスのカスタマーセンターや生産現場等におけるリアルな「現場」を紹介します。


Gemba_Spirit_2018_1_Fukuda 
UDトラックス公式フェイスブックでも更新中(こちら)。「いいね」ボタンを押してご購読ください。
YouTube (https://youtu.be/IAH3PVL0iRA)

「現場スピリット」は、UDトラックスの従業員がそれぞれの現場にて「その一歩先」を行く姿を伝えることでUDブランドのいっそうの訴求を図ることを目的としています。実際のUDトラックスの従業員とそれぞれが持つ現場 に対するパーソナルかつ情熱的なストーリーをシリーズで紹介します。

第一弾で紹介するメカニックの福田信一郎は、自身の「現場」について以下のように語っています。
「私にとっての現場は、カスタマーセンターの整備工場です。お客さまへ正確でかつ早くというサービスを常に心がけています。お客様が修理を待たれている際には、トラックを一刻も早く走行できる状態に戻すよう迅速に対応しています。日々、トラックの稼働率を最大限に高めるべく努めています」

現場とは、価値を創造する最前線を意味し、開発・生産から販売店、お客様の事業所にまで及びます。つまりUDトラックスの現場とは、従業員がお客様と関わりを持つ場所であり、UDトラックスの現場とお客様の現場の両方を意味します。お客様の言葉に耳を傾け、改善の糸口を探る場所はすべて「現場」なのです。

Gemba_Spirit2
UDトラックス「現場スピリット」に関する詳しい情報については、下記のリンクをご覧ください。
https://www.udtrucks.com/ja-jp/news-and-media/gemba-spirit



当ニュースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。