UD Trucks

2017.12.07

新型「Quon(クオン)」セミトラクター、サーキット試乗会を開催

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、2017年11月27日から29日にかけて、宮城県村田町のスポーツランドSUGOにおいて新型「クオン(Quon)」セミトラクターの試乗会を開催しました。10月に発表した「クオン」セミトラクターを用いた初めてのサーキット試乗会となります。開催期間中は好天にも恵まれ、北海道から中部・近畿・中国までの日本各地域から3日間であわせて227名のお客様にご来場いただきました。


Sugo_GK

新型「クオン」セミトラクター詳細はこちらから

UDトラックスは、周囲の交通環境に影響を与えず、ドライバー様の実際のニーズにそった様々な運転環境を再現できるクローズドサーキットでの試乗会をこれまでも積極的に開催してきました。今回はトレーラーを牽引した3台の「クオン」セミトラクターならびに3台の「クオン」カーゴをコース上に用意し、ホームストレート前の急勾配が名物のスポーツランドSUGOにて、新型「クオン」のパワフル・スムーズな動力性能、良好な運転環境、ディスクブレーキと補助ブレーキによる強力な制動性能などを十分に体感いただきました。

参加者からは、「エンジンがパワフル、登坂路でもトレーラーの重さ(※)を気にせずに走ることができる」、「変速が非常にスムーズ、ディスクブレーキのフィーリングも良い」、「自然なドライビングポジションが印象的、女性を含むあらゆる体型のドライバーにフィットするのではないか」など、好意的なコメントが多数寄せられました。試乗会ののち実施したアンケートでは、11の評価項目において平均4.3点以上(5点満点)の高い評価をいただいています。
(※)トレーラー・カーゴともに、試乗車にはダミーウェイトを積載

UDトラックス株式会社 国内車両営業本部を統括するバイスプレジデントの柴崎徹は、「UDトラックス商品の良さをご理解いただくには実際にお乗りいただくのが一番だという想いのもと、これまでもこのような試乗会を精力的に開催してまいりました。今年はサーキットや上尾本社エクスペリエンスセンターでの試乗会、各支社でのキャラバンや地域イベントなどを通じ、あわせて1万人以上の方に新型クオンに触れていただきました。来年も同様の試みを日本各地で継続して開催し、一人でも多くのお客様に新型クオンを体感頂きたいと考えています」と語っています。



当ニュースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp (※お問い合わせ先のメールアドレスが変わりました)


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。