UD Trucks

2017.10.30

整備士を目指す学生のために大型エンジンを寄贈

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、大型トラックへの理解と関心を高めてもらうため、2017年10月6日、学校法人佐藤栄学園 埼玉自動車大学校にGH7エンジン1基を寄贈しました。


Engine_donation 

埼玉自動車大学校は、自動車専門学校として自動車整備士等を養成する学校です。約750名の生徒が在籍し、毎年約300名の卒業生を送り出しています。UDトラックスにもこれまで多くの卒業生が入社し活躍しています。

整備士を養成する多くの学校では、車両、エンジンなど多くの教材が乗用車中心となっているため、学生達が大型の車両、エンジンに触れる機会は多くありません。UDトラックスとして協力できるものがないかを検討し、今回の普通型車トラック(積載量8トンクラス)に搭載されていたエンジンの寄贈が実現しました。

今回の寄贈にあたり、関東支社アフターマーケットダイレクター黒田英紀は、「学生時代から大型エンジンに触れることで、ディーゼルエンジンの魅力や最新技術に触れ、関心を高めてもらいたいと思います」と述べています。

埼玉自動車大学校の菊地校長からは、「学校もここ数年大型車両の教育に力を入れており、車両も購入し、実習場の設備も徐々に充実させています。大型エンジン等の教材はまだ少ないので、今回提供いただいたエンジンを活用させていただき、学生たちへの指導をさらに充実させていきたい」とお礼の言葉をいただきました。

今後も学校との協力関係を一層強化しながら、物流を支える大型トラックへの学生達の関心、理解を深め、UDトラックスに興味を持ってもらえるよう積極的に活動していきます。



当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp (※お問い合わせ先のメールアドレスが変わりました)


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。