UD Trucks

2017.06.01

上智大学からグッドプラクティスアワードを受賞

UDトラックスが上智大学の秋学期に提供する「グローバル企業のビジネス展開」の講義が、優秀な講義として上智大学からグッドプラクティスアワードを受賞しました。

UDトラックスを傘下に持つボルボ・グループは、2014年より上智大学と産学教育連携契約(アカデミックパートナープログラム)を締結しています。この契約に基づく活動の一つとして、UDトラックスの各部署から選抜されたメンバーが大学に赴き、グローバル企業の経営戦略や組織の成り立ち、ビジネス現場での実践例など、私たちの企業活動に関する講義を提供しています。(産学教育連携契約更新のお知らせはこちら

今回、上智大学が学生を対象に行う「全学共通科目の授業アンケート」の集計結果を元に、上智大学グッドプラクティス選考委員会での審査により、このUDトラックスの講義が上智大学の対象科目252科目の中からベスト4科目の一つに選出されました。

この授賞式が2017年5月22日(月)に上智大学で執り行われ、UDトラックス人事担当シニア・バイスプレジデントのイルバ・シェーレが上智大学の曄道佳明学長から表彰状を受け取りました。

表彰式で上智大学の曄道学長は「UDトラックスと上智大学はアカデミックパートナープログラムを締結しており、今回の結果を見ても、このパートナーシップは学生にとってとても良い影響を与えていると確信しています。引き続き、両者で深い関係を構築していきたい」と述べました。

また、イルバ・シェーレは「今回、我々の授業がこのような素晴らしい賞を授業したことを大変光栄に思います。この授業の提供にとどまらず、アカデミックパートナープログラムを通じて、更に両者にとって有効な協力関係を構築していきたい」と語りました。

アカデミックパートナープログラムはボルボ・グループ全体で促進を図っている産学教育連携プロジェクトの一環であり、国際的な教育機関と連携し将来に向けたグローバル人材の開拓を強化することを目的としています。今回の受賞はこの目的に対するUDトラックス自身の取組が評価されたものであり、今後も引き続き、UDトラックスとして人材育成の機会を提供していきます。



当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。