Press release: パキスタンで大型トラック「クエスター(Quester)」の導入開始

2018.06.29 | 印刷 ダウンロード

• 内需拡大とインフラ整備で活性化するパキスタンの輸送需要に対応
• 輸送方式の近代化で、燃費性能や動力性能、そして安全性能へのニーズ高まる
• 「クエスター」は新しい輸送方式にフィット、パキスタンの輸送業界への貢献を目指す

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、パキスタンで新興国市場向けの大型トラック「クエスター」の販売を開始します。さらなる輸送需要の拡大が見込まれると共に、近代的な輸送方式への転換期を迎えているパキスタン市場に高い品質と性能を備えた「クエスター」を導入することで、販売の拡大を目指します。

2億人以上の人口と豊富な若年層を有し、経済的な潜在性が高いとされるパキスタン。中国が一帯一路政策の要として推進している中国・パキスタン経済回廊(CPEC)プロジェクトに伴う内需拡大とインフラ整備により、さらなる輸送需要の拡大が見込まれます。またインフラ整備や外資系企業の参入により、輸送方式は低速度で大量の貨物を運搬する従来の方式から、高速かつ効率的に、そして安全に輸送する近代的な方式へと転換が進んでいます。それに伴いトラックに対する市場のニーズも変化しており、耐久性能や積載性能に加え、燃費性能や動力性能そして安全性能が求められる様になっています。

パキスタンの商用車市場は日本車のブランドが大きな占有率を占めており、UDトラックスも50年以上にわたり、同国のお客様にトラックをお届けしています。高品質で耐久性に優れると共に、お客様の細かなニーズに合わせてカスタマイズできる点が評価され、建設業や物流業を中心としたお客様から高い評価を得てきました。

今回、UDトラックスがパキスタンに導入する「クエスター」は、高馬力車の需要が見込まれる石油製品輸送を手掛けるお客様をターゲットに、6x4トラクター(後輪2軸駆動)、6x2トラクター(後輪1軸駆動)、6x4リジット(単車)の3モデルを投入。優れた安全性能に加え、GH11エンジンの搭載により370馬力という高出力を実現。パキスタンのお客様からのニーズに応えると共に、同国におけるエネルギー輸送需要の獲得を目指します。

「クエスター」のパキスタン導入に際し、UDトラックス中東・北東部アフリカ地域担当セールスダイレクターの横藤田 宏は、「パキスタンでは、低出力車で多くの荷物を積み込み、長時間かけて運搬する従来の輸送方式から、燃費の良い高出力の大型車による効率性・生産性を重視した輸送方式へと移行してきています。今回、導入される『クエスター』はまさに新しい輸送方式にフィットするトラックです。エネルギー輸送に限らず近代的な輸送を目指すお客様のニーズに幅広く対応したいと考えており、同国の旺盛な建設需要を見据え、今後6x4、8x4ダンプを導入する予定です」と述べました。

「クエスター」は、タイ・バンコクにあるUDトラックスの工場で生産され、新たに契約を結んだVPL社(VPL Limited)が輸入・卸売りを担い、同社が有するカラチ、イスラマバード、ラホールの3つの販売・サービス拠点などを通じて販売されます。今後順次販売・サービス網を拡大していく予定です。

「クエスター」の発表イベントは2018年6月29日にカラチでVPL社(VPL Limited)が開催し、約300名のお客様、現地パートナー、報道関係者が参加します。

 20180629press-release


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp

【UDトラックスについて】
UDトラックスは世界60カ国以上で先進的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車メーカーです。1935年の創業以来、「時世が求めるトラックとサービスを提供する」というビジョンを掲げ、革新的な技術の開発で業界をけん引してきました。より高い満足を求めるお客様のため、私たちは信頼性の高いソリューションにより、スマートロジスティクスの実現に向けて取り組んでいます。大型トラック「クオン(Quon)」「クエスター(Quester)」から中型トラック「コンドル(Condor)」「クローナー(Croner)」、小型トラック「カゼット(Kazet)」「クーザー(Kuzer)」までのフルラインアップ、そしてカスタマーサービスと販売金融により、世界各国の様々なお客様のニーズに対応しています。

UDトラックスは全世界に10万人の従業員を有するボルボ・グループの一員です。ボルボ・グループの2017年における純売上高は3350億SEK(スウェーデン・クローナ)でした。