UD Trucks news: UD現場チャレンジ2018 始まる-「君たちこそがヒーローだ」

2018.05.01 | 印刷 ダウンロード

UD現場チャレンジが始まります。UD現場チャレンジは、UDトラックスのアフターサービス現場で活躍する従業員が技能を磨くと共に、それを披露する世界大会です。2014年に初開催。3回目となる今大会では、少なくとも7つのマーケットから300を超えるチームがUD現場チャレンジに参加予定です。

UD現場チャレンジは、アフターマーケット部門の従業員が自身のベストの技能そして現場での日々の仕事ぶりを皆さんに披露する機会です。チームワークは整備拠点の成功に不可欠なものであることから、UD現場チャレンジはチーム同士が競う大会となっています。世界各国からの参加チームはメカニック、部品スタッフ、お客様サービススタッフとして現場で働く3~4人の従業員から構成されます。出場者は2回にわたりUDの技術、商品、ブランドに関する知識を問う学科競技に臨みます。学科競技で優秀な成績を収めた上位のチームが最終ラウンドに招かれます。最終ラウンドは11月に上尾本社で行われる予定です。

UD現場チャレンジ-「君たちこそがヒーローだ」

輸送は社会の生命線です。輸送なしでは私たちが暮らす社会は機能しません。 
UDの従業員は日々、お客様のジャーニーを支援するためプロの技能とサービスを提供し、車両の稼働を維持しています。こうしてUDの従業員は大切な社会インフラを支えているのです。

また整備拠点の従業員の日々のサービスは、お客様が2台目のトラックの購入を検討する際のカギになります。「1台目のトラックは販売員が売るが、2台目のトラックを売るのはサービスだ」と言われています。1台目の車両を迅速かつ適切にサービスしなければ、誰もUDトラックスから2台目の車両を購入しなくなるからです。サービスの現場の従業員はUDトラックスそして社会のヒーローなのです。

こうした現場の日々の努力を称えることがUD現場チャレンジ2018のテーマです!

UD現場チャレンジ2018のローンチムービーはこちらからご覧ください>>


当ニュースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。