UD Trucks

新型「クオン(Quon)」セミトラクターを発売

2017.10.25 | 印刷 ダウンロード

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、平成28年排出ガス規制に適合した新型「クオン(Quon)」セミトラクターを発売しました。460馬力・高トルクと平成27年度重量車燃費基準+5%達成を両立する、パワフル・省燃費・クリーンな「GH11TD」エンジンが新たに選択可能になります。新型「クオン」セミトラクターは、ドライバー不足や物流の効率化・高品質化といった日本のトラック物流の課題解決に大きく貢献します。

「クオン」セミトラクターの2016年国内市場における販売台数は、2,363台でした。UDトラックス株式会社として販売する「ボルボFH」セミトラクターの販売台数351台とあわせると、当社は当カテゴリーおいて国内シェアトップとなります(自社調べ)。

「比類のない操作性を誇る電子制御式オートマチックトランスミッション“エスコット(ESCOT)”を搭載したクオンセミトラクターは、お客様から高い評価を頂いています。このたび新型モデルの投入で、定評のあるセミトラクターのカテゴリーでナンバーワンの地位を確かなものにしたいと考えています」(代表取締役社長 村上吉弘)

TMS2017_Oct11_GK1TMS2017_Oct11_GK2  

新型「クオン」セミトラクターの特徴

・ 460馬力の高トルクエンジン「GH11TD」を新たに設定
・ 全車平成27年度重量車燃費基準+5%達成
・ 全車ディスクブレーキを標準装備
・ 先読み機能「フォアトラック」を搭載した、「エスコット・シックス(ESCOT-Ⅵ)」が全車で選択可能
・ トラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や、ドライバーアラートサポート(ふらつき注意喚起装置)をはじめ先進のドライバーサポートシステムを標準装備
・ 第5輪荷重の設定バリエーションを拡大(11.5t 3,850mmホイールベース車の新規設定など)
・ 車両重量の軽量化を実現(3,200mmホイールベース車で約100~300kgの軽量化)

「クオン」セミトラクターは、東京モーターショー2017に出展されています。

クオン 4X2 セミトラクター諸元

車両型式 2PG-GK5AAB
車両寸法(全長x全幅x全高) mm 5,620 x 2,490 x 3,335
車両重量 Kg 6,740 (標準仕様)
最大積載量(第5輪荷重) Kg 11,500
総排気量 L 10.836
エンジン型式・シリンダー数 GH11TD-直列6気筒
重量車モード燃費値 km/L 3.25
最高出力 kW(PS) / rpm 339(460)/1,800
最大トルク N/m(kg/m) /rpm 2,200(224)/1,200
排出ガス浄化装置 FLENDS (尿素SCRシステム)
トランスミッション ESCOT-Ⅵ
ホイールベース mm 3,200


UDトラックスおよび東京モーターショー2017に関する詳しい情報については、下記のリンクをご覧ください。
https://www.udtrucks.com/ja-jp/tokyo-motor-show-2017


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.udtrucks.japan@udtrucks.co.jp (※お問い合わせ先のメールアドレスが変わりました)


【UDトラックスについて】
UDトラックスは包括的な輸送ソリューションを提供する日本の商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは、2007年以降ボルボ・グループの一員となりました。日本(埼玉県上尾市)に本拠を置き、創業より、「時代が求めるトラック・サービスを提供する」事をビジョンとしています。国内のみならず世界60カ国以上で、UDのDNAであるUltimate Dependability (究極の信頼)を受け継いだ大・中・小型トラックとサービスを提供し、お客様にとって卓越したビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを私たちの使命としています。