ご挨拶

私たちの創業者である安達堅造は約80年前、初号車の究極の信頼性を確かめるため、3,000キロの試験走行に自らハンドルを握りました。そのとき彼が胸に抱いていたのは起業家精神と「時世が求めるトラックを提供する」というビジョンでした。これは1935年の創業以来、私たちUDトラックス従業員の心に受け継がれています。今日、物流業界のお客様が最も大切にされている運転性能、燃費・環境性能、安全性、生産性、稼働率に対して最高の製品とサービスでお応えしたいという思いで、革新の歴史を紡いできました。そして2017年、最新の英知と技術力を結集した大型トラック「クオン」を発売しました。

今、自動車業界は100年に一度の変革期を迎えています。自動運転、コネクティビティ、電動化が将来の物流の効率化(スマートロジスティクス)を担うものだと確信しています。私たちは今年4月、次世代技術ロードマップを発表し開発のさらなるスピードアップを図っています。世界有数の商用車メーカーであるボルボ・グループの一員として、最先端の技術を礎に物流のさらなる効率化に貢献していきます。

私たちは、人を尊重することが最も重要な企業文化と考えています。特に、価値を生み出す接点に近い現場主義を大切にしてゆきたいと考えています。お客様のご要望に日々接している販売、アフターマーケットの現場の声のみならず、製品開発を支える現場の声、そしてものづくりを支える生産現場の声に耳を傾け、お客様に寄り添いながら共に「その一歩先」を目指していきたいと考えています。

2016年、開発、調達、生産、販売などがより密接に連携できる組織を目指し、「One UD」を合言葉に新体制をスタートしました。従業員が一丸となって、皆さまに愛されるUDブランドとなることを目指していきます。

UDトラックス株式会社
代表取締役社長
酒巻 孝光