UD Trucks

自動車リサイクル料金

自動車リサイクル法に基づくUDトラックスの料金公表について

UDトラックス株式会社は、平成17年(2005年)1月施行の自動車リサイクル法を遵守し、お客様から預託を受ける自動車シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類3品目のリサイクル料金額を公表しています。
当社では、自動車リサイクル法に沿った処理を確実に実行していくために、該当3品目のリサイクル費用について慎重に検討を行いました。今後は法律制定の趣旨に則り、お客様に負担して頂く料金を効率的に運用し、使用済自動車のリサイクルに責任を持って取り組みます。

  1. リサイクル料金設定にあたっては、原則車種毎に設定することとしました。
  2. 指定3品目のリサイクル料金設定の考え方は以下の通りです。
    1) シュレッダーダスト料金は車種毎のシュレッダーダスト重量に応じて設定。
    2) エアバッグ類料金はエアバッグおよびシートベルトプリテンショナーの装備個数に応じて設定。
    3) フロン類料金はその充填量からトラック系、小型バス、大型バスの3区分として設定。

当社は、1991年から自動車のリサイクル技術開発をスタートしており、今後もシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・適正処理を推進するため、開発から廃棄に至るまでの全ての段階での取り組みを積極的に行います。


生産中の車種別リサイクル料金について(2017年07月28日更新)
単位:円/台
 


生産完了車の車種別リサイクル料金について(2017年04月01日更新)
単位:円/台


注.1)

今回当社が発表した車両以外のリサイクル料金については、順次公表していきます。

注.2)

エアバッグ類・エアコン(フロン類)が付いていない場合は該当する費用は発生しません。

注.3)

3品目のリサイクル料金に加え、国の認可を受けた資金管理料金・情報管理料金(新車登録時420円、未預託車の廃車時540円)の支払いが必要となります。(2017年04月01日から適用)

注.4)

自動車リサイクル法対象の架装物については、シュレッダーダストの料金が異なります。
詳細は、UDトラックス販売会社へお問い合わせ下さい。

お客様が現在ご使用中の車両(04年12月末までの登録車)のリサイクル料金を照会する場合は下記ホームページよりお願いします。(保有されている車両の車検証を準備頂けるとスムーズです。)

自動車リサイクル促進センターの料金照会頁

関係事業者の方々へのお支払い料金等について
回収料金について
運搬料金について
引取基準について
指定引取場所について
よくあるご質問「事業者関連」

関係事業者リンク先
自動車破砕残さリサイクル促進チーム(ART)
自動車再資源化協力機構(JARP)
自動車リサイクル促進センター(JARC)
日本自動車工業会(JAMA)
経済産業省『自動車リサイクル法』
環境省『自動車リサイクル関連』
国土交通省『国土交通省と自動車リサイクル法』