UD Trucks
Safety System aebs

AEBS(先進緊急ブレーキシステム)

TEB(トラフィックアイブレーキ)の機能のひとつであるAEBSは、追突リスクを低減します。ミリ波レーダーが前方車両への衝突リスクを検知すると、警告灯とブザーの両方でドライバーに注意を促します。またドライバーが回避行動を取らない場合、自動減速で衝突を回避、または衝突時のダメージを軽減します。

EBS(電子制御ブレーキシステム)

先進的なブレーキシステムであるEBSには、ブレーキ性能を最大限活かすだけでなく、タイヤ寿命の延長にも効果を発揮する機能が多く搭載されています。滑りやすい路面で急ブレーキをかけた場合にタイヤロックを起こりにくくするABS(アンチロックブレーキシステム)により、ドライバーが衝突回避を図るためにブレーキ操作とハンドル操作を並行して行うことが可能となります。また、ASR(アンチスリップレギュレーション)が駆動力の最適制御によりグリップ力を最大化し、滑りやすい路面でのスピンを防ぎます。
SRS Airbag

トータルなパッシブセーフティ

万が一衝突が起こってしまった場合でも、高剛性キャブ(“SAFES(セイフィス) CABIN(キャビン)”)をはじめさまざまな安全機構を備える新生Quonは、ドライバーへの被害を最小限に抑えます。例えば、側突からの衝撃を保護するサイドドアビーム、プリテンショナー付シートベルト、膝を守るニープロテクター、SRSニーエアバッグなどの各種SRSエアバッグ、衝撃吸収タイプのステアリングホイールとステアリングコラムなどが、ハンドルを握るドライバーの安全を確実に守ります。万が一、乗用車に衝突および衝突された場合でもFUPD・RUPD(車両前後部への突入防止システム)が乗用車のドライバーと同乗者へのリスクを軽減します。
Safety System ldws

LDWS(車線逸脱警報装置)

より安全なドライビングを可能にするLDWSは、ドライバーが意図せず走行車線から外れた場合に、ブザーで注意を促すシステムです。車載カメラが前方の道路をモニタリングし、走行車速が時速60 kmを超えて車線ラインを逸脱した場合に警報を発します。

安全のための、徹底的なモニタリング

ビジネスを効率よく行うには、安全が不可欠です。何よりもまず事故を予防し、リスクを限りなくゼロに近づけなければなりません。同時に、安全が確保されれば、稼働率を高く保つことができ、メンテナンス時間の低減にもつながります。この信念に基づき、新生Quonには安全な走行のためのさまざまな高性能システムが搭載されています。TEB(トラフィックアイブレーキ)のひとつである衝突被害軽減システムが保安基準に適合するAEBS(先進緊急ブレーキシステム)に進化するなど、新生Quonの衝突安全性能は際立っています。