UD Trucks

2016.04.19

「UDジャパンセールスアワード2015」開催~「一歩先を行くサービス」を目指し、スキル向上と後進育成に寄与~

UDトラックスは4月9日、全国の販売・サービス拠点での車両販売・アフターサービスに関わる従業員を表彰する「UDジャパンセールスアワード2015」を今年も開催しました。個人部門では、166拠点約3500名から選ばれた9名の従業員が表彰台にのぼりました。
お客様から信頼されるビジネスパートナーを目指すUDトラックスとして、日々お客様と接する従業員の優れた功績を讃え、継続したスキル向上と後進育成へと繋げます。

UDトラックスは1978年から毎年、販売会社の車両販売・アフターサービスに関わる従業員の前年度実績に基づいた「販売会社表彰式」を実施してきました。 本表彰式は昨年より、2014年1月のUDトラックス株式会社と販売子会社であったUDトラックス・ジャパン株式会社の統合に伴い、「UDジャパンセールスアワード」と改名されています。同表彰には6社の地元販売会社も含まれます。

表彰式は団体部門と個人部門で構成され、団体では地元販売会社特別賞、優秀支社・営業部・整備拠点表彰、個人では優秀カスタマーアドバイザー(CA)・サービスアドバイザー(SA)・部品アドバイザー(PA)・整備統括およびフロント表彰と、合わせて8賞が授与されました。

営業部門のなかで最高ランクに位置づけられる賞である、優秀CA表彰「功労賞」を受賞した、UDトラックス岩手株式会社一関営業所の佐藤雅樹氏は、受賞の喜びを「良い上司・同僚・家族に支えてもらった結果です。今まで「お客様を裏切らない」、「お客様のお役に立つ」を信念にやってきました。今後はいっそう人材育成に力を入れていきたいと思います。」と語りました。

UDトラックスの2015年は、あらためて働きやすい職場作りの成果を実感した一年ともなりました。「優秀支社として表彰頂きました。一生懸命業務に取り組んでくれている皆さん全員に感謝します。ボルボ・グループと共通の仕事のやり方の導入により業務が効率化するとともに、従業員意識調査制度などが定着化し社内のコミュニケーションが本当に活発になりました。」(UDトラックス株式会社近畿支社長 丸山浩二)

審査基準と表彰結果の詳細は以下のとおり。

<団体部門>
地元販売会社特別表彰


新車販売敢闘賞 UDトラックス北海道株式会社

優秀支社表彰

部品整備売上敢闘賞 UDトラックス株式会社 近畿支社、九州支社

優秀営業部表彰

全国74営業部の中から、新車販売計画、及びUDトラスト付帯率目標を達成した、阪神、山口、長崎、沖縄の4営業部を選出

優秀整備拠点表彰

売上・粗利共に収益に貢献した、UDトラックス道東株式会社・中標津、UDトラックス新潟株式会社・新潟、群馬日産ディーゼル&ロジスティクス株式会社・桐生、川崎、滋賀、彦根、備前の7拠点を選出


<個人部門>
優秀CA表彰

功労賞 UDトラックス岩手株式会社  佐藤 雅樹

新車・中古車販売計画、およびUDトラスト付帯率目標などを達成した優秀CA表彰の10回目の選出を「功労賞」と呼び、営業部門のなかで最高ランクに位置づけられる賞


優秀SA表彰
車両保有規模別とし、相模原、三芳から、車検およびUDトラスト契約を最も多く獲得した2名を選出

優秀PA表彰
車両保有規模別とし、UDトラックス新潟株式会社・新潟、四日市、彦根から、総部品売上高の前年比伸張率が最も高かった3名を選出


優秀整備統括およびフロント表彰
車両保有規模別とし、群馬日産ディーゼル&ロジスティクス株式会社・桐生、和歌山、福岡から、生産性およびUD車両獲得率などにおいて高い実績をあげた3名を選出

JS-award2

【左】優秀整備拠点表彰

【右】優秀CA表彰「功労賞」受賞の佐藤氏(写真中央)、代表取締役社長村上(写真左)、佐藤氏の奥様(写真右)とともに

 


当ニュースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2015年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。