UD Trucks

「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」に出展~「一歩先を行く、燃費・環境性能」を紹介~

2016.05.19 | 印刷 ダウンロード

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」(2016年5月25日(水)~27日(金))にて、主力エンジンであるGH11をはじめとする、燃費低減や操作性向上に貢献するドライブライン技術を紹介いたします。

公益社団法人・自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展」は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展として1992年に始まりました。

「Going the Extra Mile その一歩先へ」をブランドプロミスとするUDトラックスは、安全で低燃費、高い稼働率を実現するトラックを提供しています。今回の展示ではUDトラックスの主力エンジンであるGH11と、スムーズな操作性と低燃費を両立させた電子制御式トランスミッション「ESCOT-Ⅴ(エスコット・ファイブ)」、そして燃費向上の先行開発の取り組みを展示します。


出展内容
① GH11エンジン(11L)
お客様のビジネスに大きな影響を与える燃費効率の向上は、同時に、物流による環境への影響を抑える取り組みでもあります。GH11エンジンは、幅広い回転域で優れたトルクを出すとともに、「ESCOT-Ⅴ」との組み合わせにより抜群の燃費性能を誇ります。
 
Automotive1

② ESCOT-Ⅴ(12速全自動機械式変速機)
比類のない操作性を提供し、日本でシェアNo.1を誇る電子制御式トランスミッション「ESCOT-Ⅴ」は、車両の条件を細かく把握し最適なギアを瞬時に自動選択するため、誰でも熟練ドライバーと同等のドライビングと省燃費を可能にします。
  
Automotive2

③ 燃費向上の先行開発の取り組み
大型トラックのCO2削減・燃費向上のために、電動過給機によりトルクアップしたダウンサイズエンジンと、ハイブリッドシステムを組み合わせた、大幅に走行燃費を改善する技術について紹介します。


開催概要
日 時:2016年5月25日(水)~27日(金) ※一般入場時間は日によって異なります
場 所:パシフィコ横浜・展示ホール(UDトラックスブースNo.388)
http://expo.jsae.or.jp/


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2015年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。