UD Trucks

「CSRレポート2016」を公開

2016.06.02 | 印刷 ダウンロード

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、2015年のCSRの取り組みを掲載した最新版のUDトラックス「CSRレポート2016」をホームページ上で公開しました。

当CSRレポートは主に2015年1月1日から12月31日までの活動を掲載しています。お客様である輸送企業からのニーズの高い「燃費向上」「稼働率向上」「ドライバーの安全・安心の確保」への取り組みとしてロードサポートサービスと、新興国における展開を「特集」として紹介するほか、報告パートでは当社が重視する7つの活動テーマごとに取り組みを紹介しています。

ウェブサイトからは、日本語でフルレポート(全30ページ)と、フルレポートから主なパートを抜粋したダイジェストレポート(全12ページ)の2種類をPDF形式でダウンロード可能です。なお、英語版フルレポートも7月上旬に発行を予定しています。

【UDトラックス CSRレポート2016概要(フルレポート)】

1. トップメッセージ : 代表取締役社長 村上吉弘よりごあいさつ
2. UDトラックスについて : 会社概要、沿革、取り扱いブランド
3. CSRマネジメント : 取り組み方針、体制
4. 特集1 : 進化する「UDロードサポート」
5. 特集2 : アジア、アフリカにおける製品展開
6. ハイライト2015
7. 活動テーマごとの報告 : 品質、お客様満足、ビジネスパートナー、安全性、従業員、社会、環境/環境データ)

※ダイジェストレポートは、No.1~6で構成

UDトラックスウェブサイト CSRレポート&環境報告書トップページ
http://www.udtrucks.com/ja-jp/about-us/environmental-care/environmental-reports



当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2015年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。