UD Trucks

「カゼットRK」を発売 ~小型をベースに中型の積載容量を実現した、新カテゴリーのトラックを投入~

2015.01.21 | 印刷

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は2015年1月21日、多様化する近距離輸送や都市内配送向けに新型トラック「カゼットRK」を発売。小型トラック「カゼット」の優れた経済性・操作性はそのままに、中型トラックの積載容量を併せ持つ、既成の枠を超えた新カテゴリーのトラックを投入する。一運行当たりの物流効率を高めてランニングコストを抑えるなど、顧客のトラック保有に係る総費用を低減し物流事業者の事業効率向上に貢献する。

「近年の物流多様化を背景に、都市間の長距離輸送のみならず、域内近距離輸送や都市内配送においても積載量増加への高いニーズがある。しかし従来の小型では積載容量、中型では積載重量において近距離輸配送で望まれるじゅうぶんな積載量確保に応えることが難しかった。そこでUDトラックスでは、小型ベースで中型の積載容量を確保するという新発想で、こうしたニーズへのソリューションを提供していく」(UDトラックス代表取締役社長・村上吉弘)

輸送距離に関わらず、積載量増加は物流の効率化に最も効果的な手段の一つである。「カゼットRK」は、小型トラックベースのシャーシに車両総重量8トンクラスの中型車用ボディを搭載することで、従来の中型トラック※に比べて約10%の積載量増加を実現した。

また「カゼットRK」は、小型トラック本来の強みである、優れた燃費性・操作性を継承する。従来の中型※以上の積載量を確保しながら、小型トラックをベースにすることで、初期費用である車両価格と維持費である燃料代などを抑え、顧客のトラック保有に係る総費用を低減させることが可能になる。さらに「カゼットRK」が搭載しているデュアルクラッチ式AMT(機械式オートマチックトランスミッションや、小型キャビンならではの乗降のしやすさは、ドライバーに快適な運転環境を提供する。これは近年、ドライバー不足が懸念されている物流業界にとって、若年層や女性ドライバー確保にもつながる。

UDトラックスは技術とサービスの両面から、顧客のビジネスを支援する。トラックドライバーの日々の業務環境を支えると同時に、物流事業者の事業効率化に貢献する。

※車両総重量8トンクラスの中型を想定

東京地区メーカー希望小売価格(シャーシのみ、税込み)

5,674,300円

kazetR-pressrelease

カゼットRK諸元表

車型

TKG-FED9Y(ISS無)

TPG-FED9Y(ISS付)

車軸配列 4×2
最大積載量  4,450kg
車両総重量(GVW) 7,875kg
エンジン 4P10型
トランスミッション 6速デュアルクラッチ式AMT  
重量車モード燃費値 / ISS無(km / L)        7.60
重量車モード燃費値 / ISS付(km / L) 7.80
最大出力 KW(PS) / rpm

129(175) / 2,860-3,500  

最大トルク N / m(kg / m) / rpm 430(43.8) / 1,600-2,860 
キャブ幅 2,120mm
車両幅 最大で2,320mmまで架装可能
ホイールベース K(超超ロング): 4,750mm
シャーシ重量 2,560kg

当リリースに関するお問い合わせ先

UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックス(当時:日本デイゼル工業)は2007年以来、トラック、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車事業のブランドの1つとして、埼玉県・上尾市に本拠を置き、世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2013年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台でした。UDトラックスは当社の製品やサービスに、「UD」の由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という価値を付加し、お客様にとって最も重要な要素において卓越することを使命としています。