UD Trucks

エクストラマイルチャレンジ2015を開催~海外からの参加者も含め3チームが参加、オーストラリアチームが総合優勝を飾る~

2015.11.18 | 印刷 ダウンロード

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、11月9日(月)、UDトラックスエクストラマイルチャレンジ2015ファイナルを開催しました。今年5月に竣工したUDエクスペリエンスセンターおよび隣接するテストコースで開かれたこのイベントには、世界各国の予選(注)を勝ち抜いた、南アフリカ、オーストラリア、および日本のチームが参加し、総合的なトラック運行技術を競い合いました。

(注) 日本は本年大会では予選未実施

EMC1

南アフリカ、オーストラリア、そして日本の各参加チームは、効率の良い輸送の実現に向けて、業界が直面する数々の課題にチャレンジする競技に取り組みました。このイベントでは、収益、燃費効率、稼働率&メンテナンスコスト、安全運転を採点基準に、(1)始業点検、(2)運転技量、(3)輸送に関わる3つの競技を実施。競技終了後、結果発表と授賞式が行われ、オーストラリアチームが総合優勝に輝きました。オーストラリアチームはその他、「最優秀始業点検賞」も受賞し、南アフリカチームが、「最優秀燃費効率賞」、日本チームは、「最優秀運転技量賞」をそれぞれ受賞しています。

 EMC2

このUDトラックスのエクストラマイルチャレンジは、UDトラックスが掲げる「Going the Extra Mile ~その一歩先へ~」というブランドプロミスに基づき、燃費効率、稼働時間および運転技術の改善を通じて、お客様にUDトラックスの製品とサービスを最もバランス良く活用する方法を体感していただくものです。

ドライバーと運行管理者がペアを組み、集配から納品まで、実際の輸送サイクルを再現した競技で技術を競い、最も利益を上げたチームが優勝となります。UDトラックスは、このエクストラマイルチャレンジを通して、お客様のビジネスの成功に貢献するのみならず、安全な運転を実現する、ドライバーの能力向上、そして自信の強化へとつなげていきます。


イベントの参加者の一人は、次のように述べています。「常に運転技量の向上に関する社内研修は実施していますが、収益、燃費効率、稼動率およびメンテナンスコスト、そして安全運転と、多角的な視点で審査するイベントは初めてでしたので、非常に刺激を受けました。」

「エクストラマイルチャレンジは、お客さまの仕事の”現場”をより良くしたいという、UDトラックスの想いを具現化したイベントです。これからも、お客様のビジネスをさらに一歩先へ導く、UDトラックスの取り組みにご期待下さい。」(UDトラックス ブランド&プロダクトライン バイスプレジデント 岸伸彦)

UDトラックスは、燃費効率、稼働時間、そして運転技術の向上を通して、お客様のビジネスを成功に導く、持続可能で安全且つ効率的な輸送ソリューションを提供するスマートロジスティクスの実現に向けて取り組んでいきます。

UDトラックスに関する詳しい情報については、下記のリンクをご覧ください。
http://www.udtrucks.com/ja-jp/home

また、UDトラックス公式フェイスブックページにおいても、最新の情報を公開しています。ぜひご覧ください。

https://www.facebook.com/UDTrucksJP/

80th-Logo-JP


 当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報 
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com


UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2014年の販売台数は国内・海外合わせて約2万2000台でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。