UD Trucks

2013年の世界販売台数

2014.03.04 | 印刷 ダウンロード

2013年の世界販売台数はインドネシアの鉱山需要の低迷が大きく影響し、前年比10.8%減の1万9047台(2012年:2万1348台)。

市場別販売台数(工場出荷ベース)

  2012 2013 前年比 (%)
北米 436 158 -63.8
中南米 169 273 61.5
アジア
アジア合計 16,240 14,238 -12.3
  日本 9,295 9,535 2.6
  東南アジア 5,946 3,636 -38.8
  その他 999 1,067 6.8
オセアニア 930 926 -0.4
アフリカ 3,573 3,452 -3.4
合計 21,348 19,047 -10.8

アジア

アジア全体での販売台数は、インドネシアの鉱山需要低迷が主要要因となり前年比約12%減となった。一方、日本では販売強化による効果が2013年後半にかけて特に大型トラックで見られ販売台数が伸びた。またタイでは販売拠点拡大にともない販売台数が大きく増加。韓国では2012年に販売開始した大型トラック「クオン」の浸透により、販売台数が伸びを示している。

2013年に発表した新興国向け大型トラック「クエスター」の販売台数は上記数字に含まれていないが、同市場での顧客の反応はひじょうに良く、2014年は販売台数が大幅に増加すると期待している。2013年12月バンコクで顧客に最初の納車が行われた。

中南米

中南米の販売台数は好調な経済を反映し62%増の273台。

オセアニアおよびアフリカ

オセアニアは前年比0.4%減、アフリカは3%減とほぼ前年並みを維持。

北米

北米は前年対比大きく減少し158台。これは2012年に決定した北米市場からの撤退によるもの。UDトラックスは2012年、キャブオーバー型市場の縮小と規制対応コストなどにより、北米向け生産の中止を決定。最終受注は2012年10月15日。


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com

UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。また日本はボルボ・グループのアジア太平洋地域の本拠地となっています。2012年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台超でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。