UD Trucks

グッドデザイン賞受賞の新興国向け新大型トラック「クエスター」、東京モーターショーで日本初公開

2013.11.15 | 印刷

UDトラックスは、日本デザイン振興会主催のグッドデザイン賞2013を受賞した新興国向け新大型トラック「クエスター」を、第43回東京モーターショー2013(11月23日~12月1日)で日本初公開する。

2013年8月にバンコクで発表した「クエスター」は、長距離輸送、鉱山開発、建設現場、市内配送など新興国の様々なニーズや各国の環境規制に対応する豊富な車種をもつ。クエスターの開発では、新興国市場が輸送事業で最も重視する省燃費、メンテナンス性、頑強性、品質という基本性能に重点を置きながら、現地調達・生産を行うことでコスト競争力をもたせた。


グッドデザイン賞では、こうした取り組みに加えて、長距離運転による疲労を軽減する設計が随所に施された広々としたキャビン、走行中でも見やすいデザインのメータークラスタや省燃費運転支援システム、バンパーやヘッドライトの容易な交換など車両の稼働率に貢献するメンテナンス性の高さが、「身体・人間」、「生活」、「産業」、「社会・環境」の項目で総合的に評価された。「クエスターでは、商品コンセプトを新興国向けに特化したことで、空気抵抗の低減にも寄与する大胆なスラントフォルムや、2段ベッドを備える広い室内スペースのハイルーフキャブなどを採用した。機能と個性を高い次元でバランスさせ、これまで国内トラック市場では見られなかった独自性豊かなデザインに仕上げた」(UDトラックス プロダクトデザイン ダイレクター 白鳥 敏雄)


UDトラックスが「The best of three worlds」と呼ぶ、ボルボ・グループのグローバルな技術・知見、日本のモノづくりの精神、現地調達・生産という3つの要素を結集した「クエスター」。機能を支えるデザインとして、物流輸送のソリューションプロバイダーであるUDトラックスの今後のデザインコンセプトの一つになっていくだろう。

UDトラックスは同車を、タイを中心に中国・インドでも生産。東南アジア、中国、インド、アフリカ、中東、中南米で販売していく予定。


※UDトラックスのグッドデザイン賞出展詳細はこちらをご覧ください。
http://www.g-mark.org/award/describe/40051


※グッドデザイン賞について
http://www.g-mark.org/

Press_release20131115-1

Press_release20131115-2

当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com

※UDトラックスに関する詳細はhttp://www.udtrucks.com をご覧ください

UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。また日本はボルボ・グループのアジア太平洋地域の本拠地となっています。2012年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台超でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。