UD Trucks

タイで新興国向け新型トラックの生産を開始

2013.07.04 | 印刷

UDトラックスは、アジアを中心とする新興国市場向けに開発した新型トラックをタイで生産開始する。タイ工場は、東南アジア向けの輸出拠点となる。

年内に発売する新型トラックでアジアを中心とする新興国市場での商機拡大をねらう。新型トラックでは幅広い車種を設定し、鉱山開発、建設現場、長距離輸送など幅広い分野に対応する。

タイの工場では現在、新型トラック用の新たな生産設備を建設している。同拠点はUDトラックスの海外初の完成車工場となる。またタイ市場だけでなく、東南アジア向け輸出の生産拠点として機能する。

バンコク東部サムット・プラカーンにある同工場は、ボルボ・グループのグローバル生産拠点の1つ。新型トラック生産のため、約20億バーツを投じて2万平方メートル拡張した。敷地内には最先端の組み立てラインや新しいキャブ(運転台)生産設備、塗装ブースも完備している。年間生産能力は約2万台。

UDトラックス・アジア太平洋地域生産部門を統括する舩津丸恭滋は「市場の需要に応えられる日が近づいてきた。従業員は徹底したトレーニングを受けた。UDトラックスの新型トラックの生産開始に向け、準備が整いつつある」と語る。

当社はすでに、インドと中国で同トラックを生産することを発表している。

タイの工場は1976年に車両の製造を開始し、生産能力を徐々に高めてきた。2000年にボルボ・トラックとバスの生産に特化。現在450人の従業員が、キャブの製造や車軸を含む車両の組み立てを行っている。.


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com

UDトラックス

はお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。また日本はボルボ・グループのアジア太平洋地域の本拠地となっています。2012年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台超でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。