UD Trucks
20111221

小型トラック「コンドル」(積載量1.15t~1.5t)を平成22年排出ガス規制に適合させて発売

2011.12.21 | 印刷

2011年12月21日

UDトラックス株式会社(旧社名 日産ディーゼル工業株式会社 社長 竹内 覚)は、小型トラック「コンドル」(積載量1.15t~1.5t)をディーゼルエンジンの改良などにより、平成22年排出ガス規制に適合するとともに、燃費性能を向上させた改良を行い、12月21日(水)より全国一斉に発売しました。 今回発売の小型トラック「コンドル」(積載量1.15t~1.5t)は、従来車に搭載していたZD30DDTiエンジンを改良し、NOxとPMの低減を実現して平成22年排出ガス規制に適合するとともに、PMでは平成22年排出ガス規制値から更に30%の低減を実現しました。また、エンジンの改良と併せ車両の燃費改善アイテムの採用により、平成27年度重量車燃費基準を達成(*1)しました。 さらに、平成27年度重量車燃費基準達成と、平成22年排出ガス規制値より30%のPM低減を実現したことにより、九都県市指定低公害車(平成21年基準「優」低公害車)に認定(*2)されました。
*1 4WD車を除く
*2 4WD車を除く





1. 主な特長

(1)   平成22年排出ガス規制への適合技術

 1)
 
エンジンの低圧縮比化により、燃焼改善とフリクションの低減を図りました。
 
2)
 
従来より燃料の噴射圧力を高圧化した、コモンレール式の燃料噴射システムを採用しました。
 3)  
酸化触媒やDPF(Diesel Particulate Filter)の容量拡大により、排出ガスの後処理能力を向上させました。
 
(2)
 
平成27年度重量車燃費基準の達成技術(4WD車を除く)
1)
 
低張力ピストンリングを採用し、ピストンのクリアランス最適化やフリクションの低減により、エンジンへの負荷を軽減しました。
 2)
 
燃料の噴霧をより微粒化する燃料噴射装置へ変更し、燃焼効率を向上させ燃料の消費を抑制しました。

3)
 
 
トランスミッションギヤ比の変更(*3)とファイナルドライブギア比を変更(*4)して、ワイドレシオとハイギア化による省燃費走行を実現しました。
             *3 5MT及び6AMT車
       *4 ダブルキャブ、扁平シングルタイヤ車

2.発売価格

東京地区メーカー希望小売価格
車型 エンジン
最高出力
仕  様 消費税抜
価格(円)
消費税込
価格(円)

SKG-USZ2F24
ZD30DDTi
81kW(110PS)
シングルキャブ、標準尺・木製ボディ、
最大積載量1.5t、スーパーロー・小径ダブルタイヤ、 2WD、5MT
2,796,000 2,935,800
SKG-USZ1F24 ZD30DDTi
81kW(110PS)
シングルキャブ、ショート・スチールボディ、最大積載量1.5t、フルスーパーロー・扁平シングルタイヤ、2WD、6AMT 2,896,000 3,040,800
(★印: 写真添付車両)  

3.国内販売目標台数

  小型トラック「コンドル」(積載量1トン車系)   200台/年

以 上