UD Trucks

人とくるまのテクノロジー展2011へ出展

2011.05.16 | 印刷

2011年5月16日

UDトラックス株式会社(旧社名 日産ディーゼル工業株式会社 社長 竹内 覚)は、5月18日(水)から5月20日(金)までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2011」(主催:公益社団法人 自動車技術会)に、「全てにおいて究極を目指すUDトラックスが考える日本的ものづくり」をテーマに、品質や環境へ配慮し、お客様の稼動をサポートする当社の最新技術を紹介します。 


1. 出展内容
 
 (1)
GH7エンジン 
   ボルボグループの優れたエンジン基盤技術とUDトラックスの適応技術を融合させ、ボルボグループ各社が共通で採用するグローバルエンジンとして、当社が開発、生産している中型クラスエンジンです。燃料の最大噴射圧力を高めた新開発コモンレールや高トルクを実現するVNT(バリアブルノズルターボチャージャ)の採用により、燃費性能や動力性能の向上を図りました。さらに、当社が世界で初めて自動車で採用した尿素SCR触媒と、UDPC(UDパティキュレートクリーニング)との組み合わせにより、NOxとPMの削減能力を向上させ「平成21年排出ガス規制」に適合しています。エンジン実機と説明パネルで紹介します。
   
 (2)  AGV(Automated Guided Vehicle:無人搬送台車)
   エンジンの外装部品を組み付けるラインで使用されるAGVの基本構造はボルボグループ共通で、エルゴノミクス(人間工学)の考えから積載するエンジンの上下移動や回転を自動で行うことで、作業姿勢が改善され作業者の負担を軽減します。AGV実機と説明パネルで紹介するほか、エンジン生産ラインの全容をVTRで紹介します。
   
 (3)  多目的ディスプレイ
   車両に搭載する多目的ディスプレイは、省燃費運転のアドバイスやレポート、車両の運行状況や到着時間の予測、効率的な運行経路の選択など、テレマティクスを活用した情報サービスによりお客様の稼動向上やコスト低減をサポートします。実際に車両の探索や移動経路の確認が行える多目的ディスプレイ実機と、多目的ディスプレイを使用した各種サービスをスクリーンで紹介します。

2. 人とくるまのテクノロジー展2011の概

会期:2011年5月18日(水)~5月20日(金)

会場: パシフィコ横浜 展示ホール(神奈川県横浜市)

※UDトラックスは、展示ホール内のブース(No.208)にて出展いたします。


以 上