UD Trucks

UDトラックス コンドルPK(積載量8トンクラス)の開発について

2010.04.20 | 印刷

2010年4月20日

UDトラックス株式会社(旧社名 日産ディーゼル工業株式会社 社長 竹内 覚)は、平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)に適合するコンドル(積載量8トンクラスの大型トラック)を開発しました。

このコンドルPKは、大型トラック「クオン」とのファミリーアイデンティティーと中型クラストラックとしての特性を表現した新しいキャブデザインを採用(フルモデルチェンジ)すると共に環境性能と燃費性能を両立させた新開発のGH7エンジンを搭載しています。また、当社が世界で初めて自動車への搭載を実現させた低公害デバイスの尿素SCRシステムも一新して採用しています。

開発では、ボルボグループの開発プロセスであるCAST(Common Architecture & Shared Technology)コンセプトに基づき、当社とボルボのシナジー効果追求テーマの一つである中型クラストラック車両プラットホームの構築を実現し、ボルボグループ各社と共有するハーモナイゼーションを図っています。このグローバルトラックは、2010年年央に日本で発売を開始し、2010年秋に米国でも販売します。国内向けおよび海外向けともに当社の上尾工場で生産する予定です。 



以 上