UD Trucks

日産ディーゼルと三菱ふそう、バス事業における協力を拡大

2009.08.31 | 印刷

2009年8月31日

  
本日、日産ディーゼル工業株式会社(以下日産ディーゼル)と三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下三菱ふそう) は、バス事業に関する合弁会社の設立協議を開始するために覚書を締結しました。

今後、両社は、新たなビジネスモデルを追求するために、バスの企画、研究開発から生産、販売までの事業を分離し、合弁会社として統合するための協議を続ける予定です。

両社は2006年7月に車両の相互OEM 供給において合意しており、2007年6月より、三菱ふそうからは日産ディーゼルに対して、大型観光バスおよび大型路線バス(ワンステップ・ツーステップ)を供給、日産ディーゼルからは三菱ふそうに対し、中型路線バスおよび大型ノンステップ路線バスを供給しています。

今回、バス事業において、協力体制を強化する目的は、両社の経営資源を有効に活用し、製品やサービス提供の一層の向上を図り、お客様のニーズに包括的に対応するためです。 

日産ディーゼルと三菱ふそうは、合弁会社を設立するまで、各々のブランドで引き続き包括的なバス製品ラインナップを提供してまいります。

以上