UD Trucks

UDフィナンシャル サービスをVFSジャパンと開始

2009.06.01 | 印刷

2009年6月1日

日産ディーゼル工業(社長 竹内 覚)は、VFSジャパン株式会社*と共同で、リース、割賦などの金融サービスをUD フィナンシャル サービスとして、6月1日より開始します。

UD フィナンシャル サービスは、ボルボグループの一員である日産ディーゼルとVFSジャパンがお客様にご提供する金融サービスのブランドで、従来からお客様にご提供していたメンテナンスサービスも受けられるUD-トラストなどの商品を、ボルボグループが持つ金融サービスのノウハウを最大限に活用して取扱うことになります。お客様との窓口は、従来どおり日産ディーゼルトラックスをはじめとする日産ディーゼル系列販売会社が担当します。

日産ディーゼルは、グループの金融サービスを担当する株式会社エース総合リースを2004年にGEグループに譲渡しました。その後、同社と協力しながら販売に関わる金融サービスを強化し、順調にビジネスを拡大してきましたが、6月1日より、新会社VFSジャパンが同業務を引き継ぎ、お客様により価値の高い商品とサービスをご提供します。
*ボルボグループのグローバルな金融サービスを担当するボルボ フィナンシャル サービスの子会社。

ボルボ フィナンシャル サービスは、ボルボグループのビジネスエリアで、ボルボ、ルノー、マック、バス、建設機械等に金融サービスを提供しています。1兆2,000億円以上のポートフォリオを有し、全世界で1,250人が働いています。

 

以上