UD Trucks

第40回東京モーターショーの出展について ~ 出展テーマ:「Innovation & Quality」 ~

2007.10.05 | 印刷

2007年10月5日

   
   


日産ディーゼル工業(株)(社長 竹内 覚)は、10月26日(金)から11月11日(日)まで千葉県の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開催される第40回東京モーターショーに、「Innovation & Quality」を テーマに、大型トラック3台(参考出品車3台)とユニット1セット(参考出品)を展示します。

今回の出展テーマである「Innovation & Quality」(イノベイション & クオリティー)は、日産ディーゼルが創業より培ってきたお客様との絆を守り、お客様の未来を共に切り開くための技術革新、ソリューション、品質を提供していく日産ディーゼルグループの強い姿勢を表わしています。
尚、屋外で開催される商用車同乗試乗会には、当社より「スペースランナー」(大型路線用ノンステップバス)が参加します。

* 本日より、当社ホームページに第40回東京モーターショーサイトを開設いたします。
アドレス:http://www.nissandiesel.co.jp/TMS/index.html

1.展示の主な内容

<車両展示>

大型トラック「Quon」 アルミウイングバン <参考出品車> 

先進の排出ガス低減システム「尿素SCRシステム」の採用で、低公害トラックの代名詞となった大型トラック「Quon」の次期型モデルです。
経済走行に貢献する自動変速装置「ESCOT(エスコット)-ATⅣ」に、軽量積載時での燃費向上を目的に変速タイミングの最適化を図る新機能「クイック シフト ライトウエイト スイッチ」を装着しています。
緊急時の安全運転支援装置として開発した「トラフィックアイ ブレーキ」(衝突被害軽減ブレーキ)を装着しています。
車輌の軽量化による積載性、架装性の向上を図っています。
低公害技術として不可欠の尿素SCRシステムに必要なアドブルー(高純度尿素水)の給水インターバルを延長すべく、現行の33Lアドブルータンクに換えて55Lアドブルータンクを装着しています。

大型トラック「Quon」高速トラクタ <参考出品車>

いち早く重量車燃費基準を達成した「Quon」高速トラクタの次期型モデルです。

トレーラーの横転防止に効果を発揮するNDSC(ニッサンディーゼルスタビリティ コントロール)を装着しています。
運行の「見える化」による効率化を追求した運行管理ツール「UDテレマティクス」を装着しています。

海外市場向け新大型トラクタ GW <参考出品車>

EUROⅢ規制に適合した「Quon」の左ハンドル仕様の中国市場向けモデルです。
市場でも求められている燃費性能の向上と動力性能の両立、環境規制への適合、安全快適性や信頼・耐久性の向上を実現しています。
キャビンには、多重表示モニター、温冷機能付カップホルダーやホット&クールボックス付運転席側コンソールなど利便性と快適性を盛り込んだ国内車と同等の仕様が盛り込まれています。
新世代大型トラックの世界進出の象徴として出展します。

<技術展示>

次世代尿素SCRシステム <参考出品>

排出ガスのより低公害化と搭載性の向上を狙って開発した技術です。エンジンでは、燃料噴射圧力の更なる高圧化の実現によるPMの低減能力の向上を図ると同時に、2ステージターボチャージャーと大容量EGRを採用し、尿素SCRと併せてNOxの低減能力を向上させています。次世代尿素SCRシステムは、搭載に有利なコンパクトで高効率なスーパーPMクリーナを採用し、NOxとPMを同時に低減させます。

2.展示品の一覧

大型トラック
「Quon」アルミウイングバン <参考出品車>

「Quon」高速トラクタ <参考出品車>

「GW」中国向け大型トラクタ <参考出品車>
     次世代尿素SCRシステム

★は写真添付

以上