UD Trucks
070619

大型観光バスシリーズに 「スペースウイング A」、「スペースアロー A」を追加して新発売

2007.06.19 | 印刷

2007年6月19日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は、大型観光バスシリーズに「スペースアロー A」、「スペースウイング A」を追加して、8月29日(水)より全国一斉に発売します。

今回発売するバスは、新しいバスの理想を追求したスタイリッシュなデザインの採用に加え、尿素SCRシステムを搭載し「平成17年(新長期)排出ガス規制」に対しNOx、PMともに10%低減、低排出ガス車認定を取得するとともに「平成27年度重量車燃費基準」を達成するなど、環境と人にやさしい先進のテクノロジーを採用しています。

1.主な特長 
(1)新しいバスの理想を追求したスタイリッシュなデザイン
①エクステリア
プレミアムを感じさせるキャラクターラインとアルミの素材感を生かしたガーニッシュや質感の高い一体アウトサイドミラーに加え、オリジナリティーあふれるリヤウインドウを採用し、流行に左右されないエレガントさと力強いスタイリングを実現しました。
「スペースアロー A」にはハイデッカならではのワイド感を、「スペースウイング A」にはスー パーハイデッカに相応しいトール感と共にワンランク上のグレード感を与えるデザインを採用しています。
②インテリア
シンプルで洗練されたヘッドライニング、直接照明と間接照明機能を両立させたラインライト、エクステリアと統一感のあるシートデザインなどを採用し上質で洗練された室内空間を実現しました。

(2)環境と人にやさしい先進のテクノロジー 
①環境への配慮
尿素SCRシステムの採用により、燃費を悪化させること無くトレードオフの関係にあるNOxとPMの削減を両立させ、「平成17年(新長期)排出ガス規制」に対しNOx、PMともに10%低減し、低排出ガス車認定を取得するとともに「平成27年度重量車燃費基準」を達成しました。
②乗客への配慮
乗降口は、ゆったりした弧を描くデザインのもと、フロントガーニッシュのデザインに呼応したステッププレートを配すなど、エレガントな螺旋階段としました。
乗降時の負担が少ないニーリング装置のほか、連続式昇降手すりや握りやすい形状のシートグリップを採用、ステップと通路段差の最適化を測るなどユニバーサルデザインの思想を取り入れ、安全性と利便性を追求しました。
③ドライバーへの配慮
コックピットは、ドライビングポジションの最適化や小径ステアリングホイールの採用、操作性に優れたスイッチ類の配置などドライバーの疲労を軽減し心地よく運転できるレイアウトとしました。
直進性と自然な操舵感を高いレベルで両立させたステアリングシステムと充実の表示機能をもつ多重表示モニター、視認性を向上させるオーバーラップ式ワイパーと大型のアウトサイドミ ラーを採用し快適で安全なドライブをサポートします。


2.発売価格
東京地区メーカー希望小売価格 ★印:写真添付車輌
車 型 エンジン
最高出力
仕 様 価格(円)
(消費税抜)
価格(円)
(消費税込)
★ BKG-AS96JP 6M70T4
309kW
(420PS)
大型観光バス「スペースウイング A」
スーパーハイデッカ
11列 乗車定員57名
別置式フルオートエアコン
40,520,000 42,546,000
BKG-AS96JP 6M70T2
257kW
(350PS)
大型観光バス「スペースアロー A」
ハイデッカ 11列 乗車定員57名
別置式フルオートエアコン
35,913,000 37,708,650
*価格には特別仕様分を含まない。
 

3.国内販売目標台数 
大型観光バス「スペースアロー A」、「スペースウイング A」 ・・・ 170台/年

(注) 平成18年7月13日に三菱ふそうトラック・バス株式会社と当社との間で締結された相互OEM(相手先ブランド供給)に関する基本合意に基づき、三菱ふそうトラック・バス株式会社より、「スペースウイング A」は「エアロクイーン」、「スペースアロー A」は「エアロ エース」をベースに、当社に供給されます。

以上