UD Trucks

日産ディーゼル 中古車ビジネス専門の新会社設立を決定

2005.12.27 | 印刷

2005年12月27日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は、中期経営計画(PFV:プラン フォー ビジョン)で表明した国内事業の革新を実現すべく、中古車販売にバリューチェーンビジネスを含めた総合的な中古車ビジネスの成長と収益の拡大を目的とした新会社の設立を決定した。 

新会社は、グループ全体の中古車ビジネスに関するセンターコントロール機能を持ち、直系各販売会社や関係会社がそれぞれ担当していた中古車の仕入れ、在庫管理、輸出を含めた販売機能と日産ディーゼル工業が有していた中古車事業のサポート機能を統合する。加えて、全国直系販売会社の主要拠点全てに支店を設置し、最新の市場情報の把握ときめ細かなセンターコントロールを実現させ、お客様への最適車両の販売を可能にする。 

従来の各販売会社営業員 (CA:カスタマーズ アドバイザー)による販売活動に加え、新会社では、大手顧客との中古車売買の一括窓口となるほか、インターネットを活用した仕入れ、販売活動を行う。



「中古車ビジネス専門会社」の概要

(1)会社名 ㈱クロスネット(仮称)
(2)資本金 450百万円
(3)出資比率 日産ディーゼル工業100%
(4)設立時期 2006年2月
(5)本社所在地 埼玉県さいたま市
(6)業務開始時期 2006年4月

~ご参考~ 
PFV(プラン フォー ビジョン) 
06年度から3ヵ年の中期経営計画で、グループとしての成長、拡大を図るためのプラン。国内事業や海外事業などに関する様々な革新アイテムで構成されている。

・08年度目標値 売上高 6000億円
営業利益率 8%
ROIC 15%

・国内事業の革新の主なアイテム 
(1)販売の90%以上を占める直系販売会社を最大限に活用し、整備、中古車でトラックのラ イフサイクル全てにフルアクセスした事業展開 

(2)低公害、低燃費を実現した大型トラック「クオン」の拡販 

(3)UD-TRUSTやテレマティクスなどのソフト戦略での革新

以 上