UD Trucks
0726dnd

日産ディーゼル 中国事業の基盤を拡充 ~東風日産ディーゼル有限公司への出資比率を50%に引き上げる~

2005.07.26 | 印刷

2005年7月26日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は中国事業の基盤を拡充すべく、その中核会社である東風日産ディーゼル有限公司への出資比率を中国以外の企業に許可される上限である50%に引き上げる。
引き上げに必要な株式(総株式数の25%)は、タンチョン&サンズ モーター(株)(シンガポール)と住友商事(株)(日本)が現在保有している株式のすべてを当社が買い取ることで取得する。
本件は、すでに中国政府の認可を受けており、8月上旬には手続きを完了する見通しである。手続き完了後は、当社と東風汽車集団股有限公司がそれぞれ50%の株式を保有する。 

東風日産ディーゼル有限公司は東風汽車集団股有限公司などとの合弁企業として、当社の大型トラック・バスを中国市場に供給するために1996年5月に設立した。今後は積極的に商品バリエーションを充実させると共に、日本国内生産車並の品質を追求し、お買い得感のある商品を提供することで、販売台数を大幅に拡大する計画である。加えて、日本への部品供給の可能性についても検討を開始する。 


<東風日産ディーゼルの概要(現在)>

1.社 名: 東風日産ディーゼル有限公司
2.事業内容: 大型トラック・バスの生産、販売
3.販売台数: 約1,000台/年
4.資本金: 289,900.7千人民元(約40億円)
出資比率 東風汽車集団股有限公司 50%
日産ディーゼル工業(株) 25%
住友商事(株) 15%
タンチョン&サンズ モーター(株) 10%
5.代表者: 総経理 栗原敏光(くりはら としみつ)
6.所在地: 浙江省杭州市
7.設 立: 1996年5月

<東風汽車集団股有限公司と当社の関係>

当社は1985年8月より東風汽車集団股有限公司(旧社名:中国第二汽車廠)に大型トラックの技術移転を行った。その過程で築き上げた両者の友好関係をさらに発展させるために1991年9月に自動車メーカーとしては初めて「企業間協力の覚書」の調印を交わしている。