UD Trucks
0517cng

CNG小型トラック「コンドル」シリーズを改良して発売 ~CNG車の新長期排出ガス規制「圧縮天然ガス自動車の排出ガス技術指針」適合~

2005.05.17 | 印刷

2005年5月17日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は、環境負荷の低減を目指し、CNG小型トラック「コンドル」シリーズ(積載量2~3.5トンクラス)を改良して5月18日(水)より全国一斉に発売する。

今回発売するCNG小型トラック「コンドル」は、燃料噴射システムにエンジンの各気筒にインジェクターを配置し、きめ細かな燃料制御が可能になるMPI(マルチ ポイント インジェクション)を採用した新型エンジン(4.6リッター)を搭載したほか、CNGボンベの容量を増大し、航続距離の延伸を図っている。 

なお、当社が販売するCNGトラックが、CNG車の新長期排出ガス規制「圧縮天然ガス自動車の排出ガス技術指針」に適合するのは、05年4月に発売した、CNG中型トラック「コンドル」に続いて2車種目となる。 


1.主な特徴 
(1)新型エンジンの搭載
・ MPIの採用により、NOxの排出量を0.4g/kWhとし、「圧縮天然ガス自動車の排出ガス技術指針」に適合させた。 
・ エンジンの排気量を4.3リッターから4.6リッターへ増大することで、クラストップで従来比9%増となる最高出力96kW(130PS)、従来比12%増となる最大トルク363N・m(37.0kg・m)を実現した。

(2)航続距離の向上
・ CNGボンベの容器容量をロング車で15%(260L→300L)、標準車で10%(168L→186L)増大し、1回のCNG充填あたりの航続距離を延伸した。

(3)排気ブレーキを標準装備 
・ 排気ブレーキを新たに全車に標準装備し、排出ガス性能を犠牲にすることなく、ディーゼル車と同等のすぐれた制動力となめらかな減速フィーリングを実現した。

(4)「スムーサーオートシフト」をオプション設定 
・ 電子制御により、シフト操作を完全に自動化し、2ペダル方式でクラッチのない、「スムーサーオートシフト」をオプション設定した。


2.発売価格 
東京地区メーカー希望小売価格

車 型 エンジン
最高出力
仕 様 消費税抜
価格(円)
消費税込
価格(円)
★ AFG-BKR82AN 4HV1 
96kW(130PS)
積載量2トン
キャブ付シャシ
4,230,000 4,441,500

(写真は★印車種をベースにした撮影用特別仕様車) 


3.国内販売目標
「コンドル」のCNG車・・・・ 50台/年