UD Trucks

厚生年金基金の解散に関するお知らせ

2005.03.28 | 印刷

2005年3月28日

当社を母体とする日産ディーゼル厚生年金基金は、平成17年3月25日付で厚生労働省より解散の認可を受け、同日をもって解散いたしましたのでお知らせいたします。

1. 解散の理由

当社および当社グループ会社が加入する日産ディーゼル厚生年金基金は、昭和47年1月に設立いたしましたが、加入者の 大幅な減少や受給者の急速な増加が進む一方、年金資産の運用環境悪化により、基金の財政状態は厳しいものとなりました。今後も基金の財政状態が好転することは見込まれないことから、継続的な制度維持は困難であると判断し、加入員の理解と同意を得て、平成17年2月25日に基金解散についての申請書を厚生労働省に提出していたものでございます。

2.業績に与える影響について

平成17年3月期において、厚生年金基金解散に伴う特別利益として、個別決算で約34億円、連結決算で約36億円を計上する見込みであります。

なお、平成16年11月16日に公表した通期の業績予想の修正は行ないません。

以上