UD Trucks

大・中型バスシリーズを改良して発売 ~「平成15・16年(新短期)排出ガス規制」および 「超低PM排出ディーゼル車認定制度 85%低減レベル(☆☆☆☆)」に適合 ~

2004.08.26 | 印刷

2004年8月26日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は、大型バスJPシリーズおよび中型バスRMシリーズを改良して8月26日(木)より全国一斉に発売した。

今回発売した大・中型バスシリーズは、「平成15・16年(新短期)排出ガス規制」、および「超低PM排出ディーゼル車認定制度」の85%低減レベル(☆☆☆☆)に適合させて環境性能を向上させた。
また、大・中型ノンステップバスシリーズでは床面のノンステップエリアを拡大するとともに、乗降口のステップ地上高を低くするなど、「ユニバーサルデザイン」の採用により、すべてのお客様が使いやすいものとした。 

1.主な特長 

(1)平成15・16年(新短期)排出ガス規制をクリアする最新の排出ガス低減技術 

①低燃費・低公害を実現する新開発エンジン 新世代コモンレール式燃料噴射システム、EGRクーラー、可変ノズル式ターボなど、最新の技術を採用し、高効率でクリーンなディーゼルエンジンを実現した。 

②スーパーPMクリーナの採用 95%以上のPMを捕集するスーパーPMクリーナを採用し、PM値を次期規制の「平成17年(新長期)排出ガス規制」におけるレベルまで大幅に低減した。また、コンピュータが常にPMの堆積量を監視し、一定のPM量を超えるとエンジンとの協調制御により自動的に燃焼させる浄化機能を有している。 


(2)ノンステップバスのユニバーサルデザイン化 

①床面ノンステップエリアの拡大 
床面ノンステップエリアを中型バスシリーズで当社比340mm、大型バスシリーズで当社比260mm拡大した。

②乗降口のステップ地上高のさらなる低床化 
中型バスシリーズではステップの地上高を車高調整時に前扉部で250mm、中扉部で260mmとし、当社比で25mmさらに低床化した。

③ユニバーサルデザイン化
室内色彩、ピクトグラム(絵文字)、シート配列、床形状、押しボタンおよび握り棒の位置など、すべてのお客様が使いやすいユニバーサルデザインとした。

④次世代ノンステップバス標準仕様を採用
国土交通省の制定する「標準仕様ノンステップバス認定制度」に適合している。 


(3)各種低公害車指定制度に適合

①超低PM排出ディーゼル車認定制度 85%低減レベル(☆☆☆☆) 

②八都県市低公害車指定制度「良低公害車」

③京阪神6府県市指定低排出ガス車制度「LEV-6」
※①~③は平成16年4月時点 


2.発売価格 

東京地区メーカー希望小売価格(単位:千円)

車 型 エンジン
最高出力
仕 様 価格
(消費税抜)
価格
(消費税含)
PB-RM360HAN J07E-TC
(165kW)225PS
中型自家用・一般観光バス(デラックス)
乗車定員52名
13,140 13,797
★PB-RM360GAN J07E-TC
(165kW)225PS
中型路線バス(ノンステップ都市型)
乗車定員57名
17,480 18,354
PK-JP360NAN J07E-TC
(165kW)225PS
大型路線バス(ノンステップ都市型)
乗車定員68名
20,570 21,598.5

(写真は、★印車種をベースにした撮影用特別仕様車)



3.国内販売目標台数

・「中型バスRM」シリーズ ・・・・・・・・・・・・・ 300台/年 
・「大型バスJP」シリーズ ・・・・・・・・・・・・・ 150台/年

以上