UD Trucks

中型トラック『コンドル』シリーズを改良して発売 ~新短期(平成15年)排出ガス規制に適合~

2004.05.20 | 印刷

2004年5月20日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村 巖)は、中型トラック「コンドル」シリーズを改良して、6月1日(火)より全国一斉に発売する。 

今回発売する中型トラック「コンドル」は、「新短期(平成15年)排出ガス規制」および「超低PM排出ディーゼル車認定制度 85%低減レベル(☆☆☆☆)」に適合させ、国内最高水準の排ガス性能を実現した。 

また、日産ディーゼルがボディ架装も含めて、品質・納期・サービス等に責任を持ってお客様にご提供しご好評頂いている、日産ディーゼル完成車「パーフェクトコンドル」に、新たにバン・ウイング専用「セレクトパック」を設定した。

お客さまの業態、用途に適した装備をパック化し、お求め易く、業務の効率化に貢献するお客様本位の仕様設定とした。 

1.主な特徴 

(1)新短期(平成15年)排出ガス規制をクリアする最新の排出ガス低減技術

①低燃費・低公害を実現する新開発エンジン 
・新世代コモンレール式燃料噴射システム、EGRクーラー、可変ノズル式ターボなど、最新の技術を採用し、高効率でクリーンなディーゼルエンジンを実現した。 

・全車にターボインタークーラーを採用し、高トルク、低回転型の特性を活かす駆動系と組み合わせることにより、高い動力性能と燃費向上を両立させた。 

②スーパーPMクリーナの採用
95%以上のPMを捕集するスーパーPMクリーナを採用し、PM値を次期規制の「新長期(平成17年)排ガス規制」におけるレベルまで大幅に低減した。

また、コンピュータが常にPMの堆積量を監視し、一定量を超えるとエンジンとの協調制御により自動的に燃焼させる浄化機能を有している。


(2)各種低公害車指定制度に適合

①新短期(平成15年)排出ガス規制
②超低PM排出ディーゼル車認定制度 85%低減レベル(☆☆☆☆)
③八都県市低公害車指定制度「良低公害車」適合
④京阪神6府県市指定低排出ガス車制度「LEV-6」
⑤自治体環境保全条例適合(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)
※①~⑤は平成16年4月現在 


(3)日産ディーゼル完成車「パーフェクトコンドル」に新設定を追加 
バン、ウイング車に、お客様の使い方に合った仕様をセレクトし、パック設定した「バン・ウイング専用パック」を新設定した。

①デリバリーセレクト 
市街地走行での安全性、集配時の利便性及び効率アップを考慮した仕様をセレクト。 
セレクト内容:リヤドア連動キーレスエントリー、アイドリングストップ、3点ミラー、 セイフティビジョン

②ハイウエイセレクト
高速道路走行での経済性、利便性を考慮した仕様をセレクト。
セレクト内容:ウインドディフレクタ、ETC車載器、セイフティビジョン


(4)その他

①新トップマークを採用 
大型車と同様に新トップマークを採用し、ブランドイメージの統一を図った。

②バリエーション拡大 輸送品質を向上するリヤエアサス、及び運転疲労を軽減する5速オートマチックT/Mの設定車種を拡大した。
また、冷蔵ウィング車を追加するなど「パーフェクトコンドルシリーズ」の充実を図った。

2.発売価格 

東京地区メーカー希望小売価格
車 型 エンジン最高出力 仕 様 消費税抜
価格(円)
消費税込
価格(円)
PB-MK36A J07E
165kW(225PS)
最大積載量4トンクラス
標準幅 タイプG
キャブ付シャシ
5,825,000 6,110,000
PB-MK37A J08E177kW(240PS) 最大積載量4トンクラス
標準幅 タイプG
パーフェクトコンドル
8,059,000 8,461,950

3.国内販売目標 

新短期(平成15年)排出ガス規制対応の中型トラック「コンドル」・・・9,000台/年