UD Trucks

日本通運(株)殿「JR12フィートコンテナ2個積み仕様」の CNG大型トラックを国内で初めて採用

2003.03.27 | 印刷

2003年3月27日


 

日本通運株式会社殿は、日産ディーゼル工業(株)が「JR12フィートコンテナ2個積み仕様」のCNG大型トラック(車両総重量25トンクラス)を発売したのに伴い、国内で初めて採用を決められ、本年3月同社の横浜支店に配置された。同社では、既に「JR12フィートコンテナ1個積み仕様」のCNG大型トラックを昨年に導入されており、それに続く採用となる。

今回、日本通運株式会社殿が採用される「JR12フィートコンテナ2個積み仕様」のCNG大型トラックは、車両総重量25トンクラスのCNGトラックをベースにしているもので、日本では当社だけが製造・販売している。

日本通運株式会社殿は、従来からCNG車やLPG車を積極的に導入され、環境問題に積極的に取り組まれている企業である。輸送の効率化や地球環境改善に対応するCO2削減のため鉄道貨物輸送へのモーダルシフト化が進む中、コンテナ基地からのトラック輸送に低公害CNGトラックの導入を決め、昨年の1個積み仕様に続き2個積み仕様についても、今回第1号車を採用していただくこととなった。

◎日本通運株式会社殿が採用される車両の概要

車 名 日産ディーゼル
車両型式 KL-CD48ZWA改(フルフロート後軸エアサス付)
寸 法 車両全長 11,940㎜
車両全幅 2,490㎜
車両全高 3,600㎜
乗車定員 2人
最大積載量 14,600㎏
エンジン 型式 PU6
総排気量 12,503L
最高出力 206kW(280PS)/2,100rpm
燃料容器 660L(165L×4本)

以上