UD Trucks

中国 大同歯輪集団と 多段トランスミッションの技術援助契約を締結

2002.10.21 | 印刷

2002年10月21日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲村巖)は、中華人民共和国のトランスミッションメーカーである山西大同歯輪集団有限責任公司(以下、大同歯輪集団)と、多段トランスミッションの技術援助契約を締結した。

大同歯輪集団は、中国の自動車メーカー大手である東風汽車グループのトランスミッションメーカーで、日産ディーゼル製トランスミッションの生産を1987年より行なっており、2001年には6段トランスミッション(MPS62B型)の技術援助を実施している。

今回当社が技術援助するトランスミッションは、12段の最新モデルで操作性に優れていると共に、高馬力・高トルクのエンジンとの組み合わせで、どのような走行状態においても最適なギア段を提供し、快適な長距離輸送を可能とする。
今回提供する12段トランスミッションは,主に東風汽車公司製車両への搭載が予定されている。

高速道路網の整備が進む中国においては、燃費の良い多段トランスミッションのニーズが強まっており、需要拡大が見込まれるため、当社としては今後積極的に対応していく。


1. 「大同歯輪集団」との契約の概要

(1) 契約日 2002年10月19日
(2) 内 容 中・大型車用トランスミッション製造・組立技術の供与
(3) 目 的 トランスミッションの現地国産化を支援
(4) 台 数 約10,000台/年(予定)
(5) 時 期 2002年度下期~2003年度に技術情報を提供

2. 「大同歯輪集団」の概要

(1) 会社名 山西大同歯輪集団有限責任公司
(Shanxi Datong Gear Group Co.,Ltd.)
(2) 所在地 山西省大同市
(3) 従業員数 約3,000人
(4) 事業内容

  • 中国の自動車メーカー大手 東風汽車グループのトランスミッションメーカー
  • 中国国内の大型車用トランスミッションの約50%のシェアを占める。
  • トランスミッションの他、エンジンギア、アクスル等の生産を担い、主に東風汽車の車両に搭載される。

以 上