UD Trucks

日本通運株式会社殿 「キャパシターハイブリッドトラック」の第1号車を採用 ~10月4日(金)日本通運株式会社八王子支店に配置~

2002.10.04 | 印刷

2002年10月4日

キャパシターハイブリッドトラック特集ページへ

日本通運株式会社殿は、日産ディーゼル工業(株)が本年6月に世界で初めて発売した「キャパシターハイブリッドトラック」第1号車の採用を決められ、本日10月4日(金)同社の八王子支店に配置された。

日本通運株式会社殿は、従来からCNG車やLPG車を積極的に導入され、環境問題に積極的に取り組まれている企業である。そのような環境への取り組みの中で、「キャパシターハイブリッドトラック」の低燃費で低公害な性能、さらに機械式オートマチックトランスミッションのイージードライブな機能を高く評価していただくことができ、今回第1号車を採用していただくこととなった。

日本通運株式会社殿では、「キャパシターハイブリッドトラック」を同社八王子支店に配置し、主に都内配送に利用する予定である。同社では、主に信号や渋滞等でゴー・ストップが頻繁な都内配送に利用することで、キャパシターハイブリッドの効果が最大限に発揮されるものと期待されている。

今回、日本通運株式会社殿が採用される「キャパシターハイブリッドトラック」は、ディーゼルエンジンとモーター、そして蓄電装置として「スーパーパワーキャパシター」を組合せてハイブリッド化したもので、これにより従来のディーゼル車に比べ大幅な低燃費化と低公害化を実現している。

また併せて、大型車で好評のエスコット技術を進化させた機械式オートマチックトランスミッションを中型車用として新開発し、今回初めて搭載しているため、燃費の平準化やイージードライブを実現している。更に、燃料供給インフラに問題がないディーゼル車で実用化したため、全国のお客様に選んでいただくことを可能としている。

日本通運株式会社殿が採用される車両の概要

車 名 日産ディーゼル コンドル
車両型式 KK-MK252GB改
寸法 車両全長 7,970㎜
車両全幅 2,320㎜
車両全高 3,300㎜
乗車定員 2人
最大積載量 2,650kg
エンジン 型式 FE6(アイドルストップ機能付)
総排気量 6,925L
最高出力 152kW(206PS)/3,000rpm
変速機 OD付6速電子制御機械式オートマチック
(ESCOT-Ⅲ相当)
蓄電器 キャパシター蓄電装置
ボディ架装 ・ドライバン(サイドドア)
・床下格納パワーゲート

以上