UD Trucks
0328bigthumb1

大型トラック『ビッグサム』シリーズに長距離・高速走行向けの特別仕様車『エルディカルゴ21』を設定して発売

2001.03.28 | 印刷

2001年 3月28日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲澤洋文)は、大型トラック『ビッグサム』シリーズに長距離・高速走行向けの特別仕様車『エルディカルゴ21』を設定し、4月2日(月)より全国一斉に発売する。

当社は、昨年2月『ビッグサム』シリーズのマイナーチェンジに合わせ特別仕様車『エルディカルゴ』を設定したところ、お客様にご好評をいただき500台を超える販売実績をあげることができた。
今回発売する『エルディカルゴ21』は、高速走行時に威力を発揮する補助ブレーキ「リターダ」を追加したもので、電子制御トランスミッション「ESCOT-Ⅲ」や坂道発進補助装置「EHS」などとセットで標準装備とした。価格もお客様にとってお買い得感のある設定としており、長距離・高速走行を主体とし経済性と安全性を重視するお客様に満足頂ける特別仕様車となっている。


『エルディカルゴ21』……Long Distance Cargoの略。21世紀バージョン。 
[構成]

  • GE13エンジン(ユニットインジェクタを採用した低燃費高出力エンジン)
  • ESCOT-Ⅲ(コンピュータにより自動変速する電子制御トランスミッション)
  • リターダ(電磁力を利用した補助ブレーキ)
  • EHS(坂道発進補助装置)
  • 左右鏡面電動ミラー
  • 専用シート

1.主な特長
(1)格段の低燃費

  • 低燃費エンジンGE13に、最適のギア段にコンピュータが自動変速するESCOT-Ⅲを組み合わせることにより、特に高速走行において格段の低燃費を発揮する。

(2)イージードライブの実現

  • ESCOT-Ⅲは、変速時(発進・停止時を除く)のクラッチ操作が不要なため、運転疲労を大幅に軽減する。更にE・Dモードでの走行時には、コンピュータが最適なギア段に自動変速するため、シフト操作も不要となる。

(3)リターダの標準装備

  • リターダの使用によりフットブレーキの操作量が軽減され、以下のメリットを提供する。
  1. 運転疲労の軽減
  2. ブレーキライニングの寿命延長によるランニングコストの低減
  3. フェード現象防止など安全性向上

(4)お買い得感ある価格設定

  • 上記装備をセットで標準装備とすることにより、従来のオプション価格の合計に比べて72~80万円低い車両価格とし、お買い得感のある価格設定とした。


2. 設定車種 CD(6×2)系、CG(8×4)系の25トン車に設定


3.発売価格 東京地区メーカー希望小売価格(消費税含まず)

車 型 エンジン
最高出力
仕様 価格(千円)

KL-CD48ZWA
GE13TB
272kW
(370PS)
キャブ付シャシ、エルディカルゴ21
フルフロート後軸エアサス
GVW25トン
13,395
KL-CG48ZWV GE13TB
272kW
(370PS)
キャブ付シャシ、エルディカルゴ21
フルフロート後軸エアサス
GVW25トン
13,885

写真掲載車は、★印車種をベースにした撮影用特別仕様車。


4.国内販売目標台数 1,000台/年

以上