UD Trucks

第34回東京モーターショー -商用車-(2000年)にて 車両、エンジン、環境・ASV技術を展示     出展テーマは『走快環』の実証

2000.10.16 | 印刷

2000年10月16日

日産ディーゼル工業(株)(社長 仲澤洋文)は、11月1日(水)から千葉県の幕張メッセ(日本コンベンションセンター)で開催される第34回東京モーターショー ―商用車―(2000年)にて、車両9台、エンジン4基を展示する。
また、ハイブリッドシステムや排出ガス低減に関する環境技術およびASV(先進安全自動車)技術も併せて展示する。


1.出展テーマの説明
日産ディーゼルが目指すものは、お客様のビジネスおよびお客様をとりまく環境にとって、ベストな商品を提供すること。このため、いつでもお客様のNo.1であるために、
・すぐれた燃費・輸送効率・輸送品質で経営に貢献する「走」
・運転しやすく、疲れにくい設計で安全性を高める「快」
・よりクリーンな環境を実現するための「環
を徹底追求し、その成果とも言うべきテクノロジーの優位性を今回のモーターショーで実証する。


2. 展示の主な内容

  • ビッグサム CD25トン スーパーフロート総軸エアサス エルディカルゴ
    長距離、高速輸送に最適な特別仕様車エルディカルゴ。高圧燃料噴射装置ユニットインジェクタを国内初採用した低燃費高出力エンジンGE13と、コンピュータが自動変速する電子制御トランスミッション12段ESCOT-Ⅲの組み合わせにより、特に高速走行時の燃費を大幅に向上すると共に、イージードライブを実現。また、スーパーフロート総軸エアサス仕様とし、従来以上に荷室振動を低減し、荷傷み、荷崩れを抑える。

  • ビッグサム CG25トン フルフロート後軸エアサス ショートキャブ仕様車
    高積載ニーズに応えるショートキャブ仕様車。ウィングボディで国内最大級の荷室内長10mを確保し、1.1パレットの片側9列積み(18パレット)を実現。また、ショートキャブでもゆとりの室内空間を確保し、充分なリクライニングや簡易ベッドによる仮眠を可能とする。フルフロート後軸エアサスを採用し、輸送品質の向上とドライバーの疲労軽減を実現した。

  • ビッグサム トラクタ CK-T スーパーフロート総軸エアサス <参考出品>
    前後軸ともリーフスプリングを一切使用しないスーパーフロート総軸エアサスをトラクタでは国内で初めて採用し、乗り心地の向上、荷台振動の低減を実現した。また、キャブの振動を大幅に低減し、乗り心地を飛躍的に向上する電子制御キャブサスペンションシステムE-SUS CABIN(イー サス キャビン)や、電子制御ブレーキシステム EBSと併せて、ドライバーの疲労を軽減し安全性をより一層向上した。

  • キャパシターハイブリッド中型トラック <参考出品>
    優れた低公害性が特長のCNG(圧縮天然ガス)トラックに「パラレル方式ハイブリッドシステム」を採用。クリーンで静かなCNGエンジンと、ブレーキエネルギーをキャパシター式蓄電装置に高効率に回収して駆動するモーターとを組み合わせ、2つの動力を走行状態に応じて効率的に駆動させることにより、格段の低燃費、低公害を実現した。さらに、電子制御トランスミッションを採用し、イージードライブも実現した。

  • キャパシターハイブリッドノンステップバス <参考出品>
    高効率で低公害、しかもバリアフリーを実現した21世紀の都市内路線バス。クリーンなCNGエンジンで発電し、キャパシター式蓄電装置にエネルギーを蓄えモーターを駆動する「シリーズ方式ハイブリッドシステム」を採用。ブレーキエネルギーも高効率に回収し、低燃費化、低公害化を実現。新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託を受けており、更なる高効率、低公害のための研究・開発を進めている。また、床面は乗降口に段差のないノンステップとして、車椅子でも乗り降りしやすいバリアフリーを実現した。

  • 技術展示
    ・ハイブリッド技術
    キャパシター式蓄電装置を利用したハイブリッドシステムを紹介。
    ・ディーゼル排ガス低減技術
    排ガスに含まれるNOx、PMなどの更なる低減に向けた取り組みを紹介。
    ・ASV(先進安全自動車)技術
    21世紀のより安全な物流システムの確立を目指す様々なASV技術を紹介。

以上