UD Trucks
80th_KV_FB-cover_PC

UDトラックスは今年、創立80周年を迎えます ~輸送業界の課題にソリューションを提供し続けます~

2015.04.20 | 印刷 ダウンロード

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は今年、創立80周年を迎えます。UDトラックスは戦前から戦後、高度経済成長期を経て現在に至るまで、輸送現場が直面する様々な課題に対して最先端の技術力でソリューションを提供し、社会の基盤である輸送システムを支えてきました。

創業者である安達堅造はトラックに必要な条件として、堅牢性や燃費効率、稼働率、大量で効率的な輸送を挙げ、いち早くお客様のコスト削減に貢献することを目指しました。

「創業者の思いを、開発・生産・販売が一つになって今日までつないできました。これからもお客様からビジネスパートナーとして選ばれるブランド・企業になることを全社一丸となって推進していきます」(UDトラックス代表取締役社長 村上吉弘)

UDトラックスは現在、「Going the Extra Mile その一歩先へ」をブランドプロミスに、安全性や環境への配慮を追求し、燃費性、耐久性、信頼性、操縦性に優れた、高稼働率を可能にする世界最高水準の製品を提供しています。

創立80周年を迎える今年は、5月に新しいUDエクスペリエンス・センターが本社・上尾工場敷地内にオープン、そして7月には新社屋が竣工します。UDトラックスはこれからも、輸送業界の課題に対してソリューションを提供し続けることで、物流の大動脈を支え日本経済のさらなる活性化に貢献していきます。

UDトラックス80年の歩みを振り返る映像はこちらからご覧いただけます。
80th-Logo-JP

UDトラックスの80年の歩み
難所・難路を踏破した3000キロの試験走行

1935年12月、創業者・安達堅造はUDトラックスの前身となる日本デイゼル工業株式会社を設立。38年に初のディーゼルエンジン、翌年には「LD1型貨物自動車」1号車を完成させ、「究極の信頼」を実証するべく、安達自身による3000キロにおよぶ野外試験走行を実施しました。当時の日本の道路はほとんどが未舗装で、幅が狭い道路や橋も多くありましたが、LD1型は13日間にわたる走行で、1本のボルトも緩まず、1本のスプリングも折れませんでした。
80th-test-drive

「UDエンジン 」の完成

50年代に入り電源開発や道路・鉄道・港湾の整備、大規模プラントの開発などのインフラ造りが活発になり、高馬力の大型トラックの需要が高まりました。55年1月、3気筒110馬力(UD3)と4気筒150馬力(UD4)の新ディーゼルエンジン「UDエンジン」、6月には6気筒230馬力のUD6を発表した。UD6は当時の日本において、「1馬力あたりの重量が世界で最も軽いエンジン」として高く評価されました。この先進的な「ユニフロー掃気ディーゼルエンジン(Uniflow scavenging diesel engine)」はUDトラックスの名前の由来となりました。
80th-UD-engine-with-logo

名車「6TW」の誕生

58年に開発された6TWは、経済成長の基盤となるインフラ整備に活躍しました。黒部第4ダムの建設に採用され、64年開催の東京オリンピックに向けた名神高速道路や新幹線の敷設などにも活躍しました。6TWは様々な現場に建設資材を運び、日本の高度経済成長期における輸送を支えました。
80th-Train-delivery

中型トラック「 コンドル 」の登場

70年代に入ると、輸送のニーズは多様化。製造業では単一製品の大量生産から多品種少量生産に発展、流通業界では生鮮食品や冷凍食品を運ぶコールドチェーンが普及しました。これに伴い、様々な工場資材や生活用品、食品などを経済的・効率的に輸送する中型トラックの需要が高まりました。75年に投入された中型トラック「コンドル」でこうしたニーズに応えました。
80th-MDT-condor

UDトラックスとして再出発

2007年にボルボ・グループの一員となり、10年には社名を日産ディーゼル工業からUDトラックスに変更。創立以来培ってきたUDトラックスの品質力とボルボ・グループのグローバル技術とのシナジー効果を発揮して、伝統と新しさが融合するトラックメーカーとなりました。
UD

フラッグシップトラック大型「クオン」のリニューアル
2014年、フラッグシップトラック大型「クオン」をリニューアル。燃費性能の向上により、燃料高といった日本の輸送業界が直面する課題の解決に貢献していきます。また稼働率、安全性、操作性の向上を追求することで、ドライバー不足・高齢化、労働時間の厳格化など日本の輸送業界が直面する課題に対応していきます。
私たちはこれからもお客様からのUltimate Dependability (究極の信頼)を得るために、「その一歩先」を目指します。
80th-New-Quon

当リリースに関するお問い合わせ先

ボルボ・グループ・トラックスおよびUDトラックス広報 栗橋
etsuko.kurihashi@volvo.com

UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。2014年の販売台数は国内・海外合わせて約2万2000台でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。