UD Trucks

大型トラック「ビッグサム」、生産終了

2014.04.07 | 印刷 ダウンロード

1990年に10年ぶりの全面改良で発売された大型トラック「ビッグサム」は生産を終え、3月27日にラインオフを迎えた。UDトラックスブランドのコアバリューにもなっている「Ultimate Dependability(究極の信頼)」を築いた同車はこの間、2004年に国内向けの生産が終了するまで、合計約16万5000台販売された(国内登録台数)。その後も海外向けの生産は続けられ、2014年までに現地組み立て分を含め、約7万台を輸出した(自工会出荷実績データ)。

「ビッグサム」が発売された1990年代の日本はバブル崩壊で景気低迷に苦しんでいた上、排ガス規制が相次ぎ強化されるというトラック業界にとっても厳しい時代だった。こうした情勢を反映し、トラックに対して基本的な動力性能向上や高い環境性能が求められるようになっていた。高まるニーズに応えるため、「人にやさしく、街に暖かく」をコンセプトに、約5年かけて開発された。

省燃費に注力した12.5リットル直列6気筒ターボインタークーラのPF6型エンジンを初めとして、V8、V8型ターボインタークーラ、23.5リットルのV10、RH10型エンジンまで、235~560馬力のエンジンバリエーションを設定した。

「開発当時、オーバーホールなしで100万キロ走行できる車造りを目指して、品質を大幅に向上させるため、日本やオーストラリアで様々な耐久試験を実施した」(UDトラックス・グローバルブランド・プロダクトマネジメント河合良夫マネージャー)

  「ビッグサム」は1991年に電子制御式自動変速機(E-MATIC)を他社に先駆けて搭載、1992年にABS(アンチロックブレーキシステム)とASR(アンチスリップレギュレーションをオプション装備、1995年にE-MATICを進化させたESCOT―ATを搭載し、ドライバーの負担軽減に大きく貢献した。また1998年には国産トラックで初めてユニットインジェクターを採用したGE13型エンジンを搭載するなど、多くの新技術を装備してきた。

ラインオフした最後の車両は近くボリビアへ出荷される。

Big thumb

– 左の写真: ラインオフを迎えたビッグサム
- 右の写真: ケニアの草原を走るビッグサム


当リリースに関するお問い合わせ先
UDトラックス広報
Info.VolvoGroupJapan_contactus@volvo.com

UDトラックスはお客様の車両の燃費・稼働率向上のための輸送ソリューションを提供する商用車ブランドです。1935年に設立されたUDトラックスは2007年以降、商用車、バス、建設機械、船舶用エンジンなどを製造・販売するボルボ・グループの商用車部門のグローバルブランドの1つとして、日本に本拠を置き、国内のみならず世界64カ国に販売ネットワークを展開しています。また日本はボルボ・グループのアジア太平洋地域の本拠地となっています。2012年の販売台数は国内・海外合わせて約2万台超でした。UDトラックスは当社の商品にUDの由来であるUltimate Dependability (究極の信頼)という付加価値を与え、お客様にとって最も重要な機能において卓越することを私たちの使命としています。