UD Trucks

フラッグシップカー「クオン」誕生

平成 26年4月30日

2004年、大型トラック「ビッグサム」シリーズで培ってきたエンジン技術、電子化技術、環境負荷低減技術などを集大成し、UDトラックスのフラッグシップカーとして開発されたのが、大型トラック「クオン」である。

特に高い評価を得たのが環境対応技術である。日本では、2005年を目標に新長期排ガス規制が設定されたが、あまりに高い目標のため、業界では達成は不可能という声が強かった。これに対して、当社は排ガスの浄化装置にトラックでは世界初となる尿素SCRシステム「FLENDS」を採用することで環境性能と燃費性能を大幅に高め、新長期排ガス規制適合車を施行の1年前に実現した。
 Quon, an genuine craftsmanship


エンジンには、ユニットインジェクターを採用したGE13型エンジンなどを搭載、最高モデルは410馬力となっている。斬新なデザインを採用した新キャブは、風洞実験を繰り返して空力性能を大幅に向上させた。さらに、お客様の車に乗せていただく「同乗調査」をもとに、長時間運転しても疲れない快適な空間の確保、操作しやすいラウンドコクピットを採用し、助手席シートの座面をはねあげることで立って着替えができるなど、きめ細かい工夫が凝らされている。安全面でも、キャブ剛性の向上や世界初のニーエアバッグの採用、衝突被害軽減ブレーキの標準採用などの機構を導入している。