UD Trucks

自動車リサイクル法

日本で2005年に施行された自動車リサイクル法は、使用済み車両(ELV)の廃車手続きの際に、自動車シュレッダーダスト(ASR)、エアバッグ類、フロン類の3種類の資源を回収、リサイクル、適正処理することを義務付けています。また、自動車メーカーには、ELVからの資源回収の達成実績を毎年報告することが義務付けられています。
UDトラックスは効率的な車両リサイクルシステムを導入し、3カテゴリーすべての資源を適正に処理しています。資源リサイクルのプロセスは、システムによる高度な可視化と効率化が実現され、ASRの処理は自動車破砕残さリサイクル促進チーム(ART)に、エアバッグ類とフロン類は自動車リサイクル促進センター(JARP)にそれぞれ委託しています。